淡々と積みゲーの山を崩す日記

積みゲー崩しと、日々の出来事と、積みゲー崩しと
ゲームセンターCX放送予定
※すべてフジテレビONEです

【ゲームセンターCX】

9月13日(水)14:50~15:50 #236メルヘンメイズ前

9月14日(木)14:50~15:50 #237メルヘンメイズ後
9月14日(木)24:00~25:00 #244マッド・シティ

9月16日(土)17:00~18:00 #229コスモポリス ギャリバン

9月20日(水)14:50~15:50 #238熱血硬派くにおくん

9月21日(木)14:50~15:50 #239電車でGO!64
9月21日(木)24:00~25:00 #245ブルートレイン殺人事件

9月23日(土)16:20~17:20 #242スプラッターハウスPART2後

9月24日(日)16:20~17:20 #244マッド・シティ

9月27日(水)14:50~15:50 #240ウンジャマ・ラミー

9月28日(木)14:50~15:50 #241スプラッターハウスPART2前
9月28日(木)24:00~25:00 #245ブルートレイン殺人事件

9月30日(土)16:50~17:50 #238熱血硬派くにおくん

【よゐことくばん】

【よゐこLOVE】

【よゐこらぼ2】

9月17日(日)22:00~23:00 #14おニャン子クラブパート3

9月21日(木)22:00~23:00 #13タツノコアニソン

9月22日(金)22:00~23:00 #15ジャンプアニソン※変更の場合あり

※変わる場合もありますので、公式サイトやフジテレビONEのサイトでご確認ください。
月別アーカイブ  [ 2008年01月 ] 
≪前月 |  2008年01月  | 翌月≫

2008年1月31日(ロードス島戦記 邪神降臨・その8) 

※前回のあらすじ

いくら封印を解いても無くならないアイテム「解呪の本」を手に入れたので、今まで訪れたところを再度訪問し、妖魔の巣潰し、アイテム回収に精を出す戦士であった・・・



・今日はストーリーを進めるため、コンクァラー城目指して新しいエリア・マーモ南西遺跡群に進みました。
そして、そこを思いっきり探索。結局ストーリーは進まないのです。各エリアはとても広く、さらに妖魔の巣やエンシェントがあるので隅から隅まで行ってみる必要があります。


・マーモ南西遺跡群の探索を終え、次はマーモ北西山岳へ。当然ここでも、行ける場所全て行ってみました。今まで見えていたのに行けなかった場所にも行けたりして、だいぶスッキリしてきました。


・そんな中、とある妖魔の巣でボスを倒して出ようとすると、いきなりピロテースが登場。彼女の話によると、今戦士が集めている「魔神のメダル」というのはかなりヤバイ代物らしいです。これを集めてほしいというダークエルフの村長には気をつけろとも。まあ集めないと話になりませんから集めますけど。
ついでに、さっさとコンクァラー城に来いと怒られました


・それでもすぐに行かないのがいさ虫流。
この妖魔の巣を潰したおかげで全ての妖魔の巣がワープゲートで繋がり、もうほぼ全ての場所に行く事ができるようになりました。
すっかり忘れていましたが、ナースに頼まれた「ゴシックドラゴン装備」を集めに行く事も可能です。というわけで、寄り道はもうしばらく続きます。



今回はここまでです。
今日もほとんど進んでませんね。最後にとある妖魔の巣に行ったら、HPが4000ほどあるのにあっさり殺されました。こういうところはさすがに後回しにする予定ですが。
まあ、おそらく明日は多少ストーリーを進められることでしょう。



その9へ



【メモ】
妖魔の巣のクリア数・24
入手ゴシックドラゴン装備・盾

スポンサーサイト
[ 2008/01/31 04:39 ] ドリームキャスト | TB(0) | CM(0)

2008年1月30日(ロードス島戦記 邪神降臨・その7)  

※前回のあらすじ

暗黒司祭・ショーデルをついに討った戦士。その首をナースに差し出し、敵の居城・コンクァラーへの道を開くアイテムを授かる。
次の目的地はコンクァラー城だが、その前にウォートの薦めでダークエルフの集落に行き、その後今まで解けなかった封印を解くアイテム「解呪の本」を入手。戦士の行動の幅が大きく広がったのだった。



というわけで今日のプレイですが、本筋は全く進めず、今まで開けられなかった扉を開けて回っただけでした。ほとんどが妖魔の巣の扉ですが、暗黒神殿の地下にも開けられない扉があったので、そういうところにも行ったり。
そのおかげで、クリアした妖魔の巣の数は18になりました。


そんな中、現時点で行ける妖魔の巣のうち1つだけクリアしていません。
行ってみたら敵が強く、まだ攻略には早いようです。
とはいえ、回復しまくればなんとかなるぐらいだったのでちょっとはやってみたのです。
すると、敵を1匹倒すとレベルが1つ上がるぐらいの経験値が貰えるではありませんか!
しかも、巣のボスを倒さない限り雑魚は何度も復活するのです。
調子に乗って何度も出入りし、レベルが29から43までアップしちゃいましたw


その後、砂漠や湖畔など行ける場所全てを探索し、いよいよストーリー進めるか!と思ったのですが、やっぱり例の巣を潰そうと思って再び挑戦。
こちらのレベルも既に45。もうそれほど上がらんだろうと思っていたのに、いざ攻略を始めるとアッと言う間にレベル50に。
こりゃ潰すのは勿体無い!ということで、ここは後回しにしてストーリーを進めようと思います。


レベルが50もあれば楽勝だろ!
と思われるかもしれませんが、このゲームでキャラが強くなる一番の要因は何と言っても武器・防具の強化なので、そのためのアイテム=ミスリル(他のゲームでいうところのお金)が稼げないと、レベルだけ上がってもあまり意味がないのです。
ミスリルは敵が出したり、宝箱の中にあったり、塊をつるはしで削ったりして入手するのですが、効率のいい稼ぎ方はまだ見つかっていません。
ですので、レベル50と言っても楽勝ではないのです。



その8へ



【メモ】
現在の妖魔の巣のクリア数・18

[ 2008/01/30 04:31 ] ドリームキャスト | TB(0) | CM(0)

2008年1月29日(ロードス島戦記 邪神降臨・その6) 

※前回のあらすじ

ナースの願いを叶える為に暗黒神殿を目指す赤髪の戦士。
ファラリスの丘の仕掛けを解いて暗黒神殿に突入し、レイリアを仲間に最下層に向かう。
途中、ショーデルの配下・セラフィーに襲われるもこれを撃破し、いよいよ地下4階へ。ショーデルは近い!



・地下4階にあるショーデルの石像らしきものを破壊すると、どこからかショーデルの声が響き渡りました。決戦のときは近そうです。
尚、この瞬間からプレイヤーが操作していた仕掛けのスイッチが自動で動くようになりましたので、行き忘れがないか隅々まで探索しました。


・地下4階からさらに下ると、そこはファラリス大聖堂。奥に進むとショーデルと戦闘になります。ショーデルは妖魔を召喚し、且つ自身は石化の魔法を使ってくる強敵ですが、割とあっさりと勝利しました。このゲームの石化は自動回復するので、即死では無い分安心はできます。
ショーデルを倒し、アイテム「ショーデルの首」を入手。やっぱり怖い。


・もはや用済みなのでそこからワープして一度砦に戻り、さらにワープしてナースの巣穴へ行きます。砦に戻ったときはレイリアはついて来てなかったのに、ナースの巣穴にはしっかり戻ってました。いつの間にΣ(- -ノ)ノ
ナースにショーデルの首を差し出し、代わりに敵の居城・コンクァラー城へ入れるようになるアイテムを貰いました。


・この後ナースと話すと、ナースが「竜の守護者にならないか?」と持ちかけてきます。選択次第では拒否もできるのでしょうが、ここは承諾しました。すると、守護者たる証である「ゴシックドラゴン装備」がある場所を教えてくれます。これを全部見つければ守護者になれるそうです。地図にもしっかりと場所が出るので安心。
ちなみに、ナースだけは主人公がベルドだと気付いているようです。
というか、他の奴ら、特にかつての部下がどうして分からないのかが不思議。赤髪のヤツといえばベルドしかおらんだろうに。


・砦に帰還。ウォートと話すと、やはり「コンクァラー城に行け」と言われます。
ただ、その前にダークエルフの集落に行くことを薦められたので、素直に従ってダークエルフの集落に行ってみました。


・ほとんどのもぬけの殻となった集落ですが、村長だけが独り残っています。話しかけると、なんと主人公が殺して首を獲ったダークエルフの族長・ルゼーブは村長の孫だと言うではありませんか!
気まずくなりましたが、村長は主人公を責めません。その代わり、孫を弔いたいので「魔神のメダル」というアイテムを集めてくれと言ってきます。それくらいお安い御用です。しかも、枚数に応じて宝をくれると言うのです。あなたはまるで小さなメダ(ピー)。
実はこの「魔神のメダル」、妖魔の巣をクリアすると獲れるアイテムなのです。全部で30枚あるということなので、妖魔の巣が30個あると分かりました。


・さらにこの村長、今まで散々泣かされてきた「封印の扉」を解くアイテムの在りかを教えてくれるのです。しかも、永久に無くならないスペシャル版の。それがある場所に繋がるワープゲートまで開いてくれて、なんていい人なんでしょう!こっちはあなたの孫を殺したばかりか、首を獲ってしまったというのに(T-T)

というわけで、村長が開いてくれたゲートを通ってマーモ北東湖畔へ。着いた先のすぐ側にある妖魔の巣・リザードキングへ入り、そこをクリアして待望のアイテム「解呪の本」が手に入りましたε= \_○ノ ヒャッホーウ!!!


・早速村長の元へ報告に戻ります。妖魔の巣をクリアしたので、当然魔神のメダルも手に入れています。それを渡すと、いきなり宝をくれます。
ただし、今その場でではなく、わざわざ離れたピラミッドまでワープしてそこに宝箱を出します。・・・やっぱり怒ってます?


・何はともあれ、これでもう封印扉も怖くありません。ですので、ここからしばらくは本筋を進めずに、寄り道しまくりのプレイになります。もうこちらを制限するのは単純な強さの問題だけで、一気に自由になりました。大袈裟ではなく、ゲームの楽しさが10倍は増したでしょう。



今回はここまでです。
上に書いたように一気に自由になったので、しばらくは今まで入れなかった妖魔の巣に入ったり、暗黒神殿内にあった封印扉を開けに行くといった作業になることでしょう。寄り道万歳!



その7へ



【メモ】
村長の依頼を聞いたときから、普段見ることができる地図上に妖魔の巣の位置、ならびにクリアしたかどうかも表示されるようになりましたので、昨日までのメモは止めて、いくつクリアしたかだけをメモしておきます。

というわけで、現在の妖魔の巣のクリア数・12

[ 2008/01/29 05:06 ] ドリームキャスト | TB(0) | CM(0)

2008年1月28日(ロードス島戦記 邪神降臨・その5) 

※前回のあらすじ

パーン&ディードリットと協力して、ダークエルフの族長・ルゼーブを討つことに成功した戦士。
ウォートの命令でナースの巣穴に行き、スレイン&レイリアと出会う。ナースと会話した戦士は、ナースの力を借りるために暗黒神殿を目指す。
次なる標的は暗黒司祭・ショーデル!



・暗黒神殿を目指して湖畔を北上。すると、「ファラリスの丘」に辿り着きます。
ファラリスの丘を登りきると暗黒神殿がありましたが、4体の巨像を破壊しないと中に入れません。ということで、まずは丘中を動き回って巨像を探します。
ここで注意。公式サイトによると、ここでは気をつけてプレイしないと今後の進行に支障をきたす恐れがあるそうです。詳しくは公式サイトにてご確認ください→公式サイト


・4体の巨像を破壊すると、神殿の扉が開きます。
ただし、巨像を破壊したときや、置いてある宝箱を開けたとき、ミスリルを砕いたときなどに敵がドッと出る事が多々あります。上手く操作しないと、上記とはまた違った理由で敵にハメ殺される可能性があります。

それは、こちらを転ばす攻撃をしてくる敵に囲まれた場合(後ろが壁などでも)です。起きては転ばされ、起きては転ばされ・・・。攻撃する事も出来ないまま死にます。

回避方法としては、敵に転ばされないエンシェントをつける、上手に動いて囲まれないようにする、行き止まりを背にしない、などがあると思います。×ボタンを連打して、リターンで逃げるのもやむをえないでしょう。ただしこの場合、戻るとまたハメられるかもしれないですが。


・神殿に入ると、スレイン&レイリアが現れます。ここで会話をするのですが、選択肢が何回か登場します。結果、自分はレイリアが仲間になったのですが、選び方次第ではスレインや仲間無しもできるかもしれません。
独りを好む自分ですが、レイリアは司祭なので回復魔法ができるんじゃないかと思って仲間に。この考えは正しかったのですが、何か負けた気分も


・神殿の地下に進むと、妖しい少年=魔少年セラフィーが高笑いと共に登場。
自分の友達だという「ダール」という妖魔を召喚して戦闘開始。セラフィーは友達をけしかけておいてどっか行っちゃいますが。で、当然楽勝。


・地下2階へ。また高笑いとともにセラフィー登場。「君は破壊者だ」などとほざきます。

その通りです。

今度は最強の友達だという「ヴィバル」を召喚します。自分は消えます。結果、圧勝。


・地下3階へ。またまた高笑い(略)。「ボクを殺しにきたんだね」とぬかします。

その通りです。

ついに本人と戦闘開始。変身して襲ってきますが、まあサクッと勝利。戦闘後、ショーデルが敵を石化させるムービーが流れます。そして、セラフィーもショーデルに消されます。
「なぜですか!ショーデル様!」とか言ってましたが、友達にだけ戦わせてきたヤツにはお似合いです。


・そして地下4階。どうやらここにショーデルがいるようです。



というわけで、今回はここまで。
この辺りまで来ると敵が処理落ちするほどワラワラ出てきますので、ようやく敵の群れに突っ込んで大剣を振り回し、ドカッドカッと敵を”斬るというよりも殴る”プレイが出来るようになりました。SNのときもこれが楽しくて仕方なかったのですが、さすがその前作、同じです。


その6へ



【メモ】
妖魔の巣の在りかを忘れると後々面倒なので、未クリアのものは書いておきます。クリアしたら消していきます。

墓場
ゾンビ

南東丘地
ゴブリンキング、サイクロプス、スケルトンキング、タイタンゾンビ、ゴブリンロード、ギガンテスゾンビ

北東湿地
リザードマン、エルダーナイト、ダークシャーマン、ガーゴイル

砂漠
アイアンゴーレム

湖畔
サラマンダー

[ 2008/01/28 04:47 ] ドリームキャスト | TB(0) | CM(0)

2008年1月27日(ロードス島戦記 邪神降臨・その4) 

※前回のあらすじ

湿地帯を抜けてダークエルフの集落に辿り着いた戦士は、パーンを探す最中にダークエルフのピロテースと出会う。彼女の頼みを聞き入れて集落の長を救出し、パーンがこの先の闇の森に向かった事を知ったので、戦士も闇の森を目指したのだった。



・闇の森の探索を続けると、奥の方に怪しい建物を発見しました。中ではダークナイトとその配下達が戦士を待ち受けていたのですが、会話の最中に突然柱の影からパーンが登場!なぜ敵は気がつかない?
それはともかく、パーンは「1対多は見逃せない。勝手に助太刀させてもらうぞ」と言います。

拒否

・・・したかったのですが、否応無く戦いだします。仕方ないので一緒に戦闘。あっさり勝利。


・戦闘終了後、パーンが正式に仲間に。正直、独りでいいのですが。
この後、パーンと一緒にディードリットを探しに行く事になりました。


・パーンが加わった場所から地下の遺跡に進み、さらに地底の大峡谷を抜けると、ゴブリンの大空洞に到着しました。
洞窟の中央辺りに着くと、ディードが捕まっているムービーが出た後、ゴブリンの大群と戦闘になります。まあ所詮はゴブリンなので圧勝して、ディードの救出に成功しました。
するとディードも仲間に加わる事に。くどいようですが、独りで十分。


・ディードにダークエルフの長・ルゼーブの居場所を聞いたので、今度はそこを目指します。ゴブリンの大空洞を別の出口から出て、再び地底の大峡谷を抜け(メチャ広い!)、地下遺跡を突破し、闇の森に戻り、ようやくルゼーブに辿り着きました。


・ルゼーブとの戦闘に突入。勝利すると、アイテム「ルゼーブの首」を入手します。怖いです。このゲーム、今なら絶対18禁でしょう。


・パーン&ディードとはここでお別れ。本拠地に戻った戦士は次なる目的地を聞かされます。
ウォート「次は暗黒神殿。そのために、ナースの巣穴に行ってスレイン&レイリアに会え」
というわけで、ナースの巣穴に向かいます。


・砂漠に入らないようにしながらナースの巣穴へ行き、階段を上がった先にある竜の間でスレイン&レイリアに会いました。


・彼らが「寝ているナースを怒らせてはダメだ」なんてフリをするので、期待に応えるためにナースに斬りかかりました。1度では何も起きませんでしたが、2度目でスレイン&レイリアは逃げ出し、ムービーとともにナースが目覚めました。そして戦闘。秒殺


・仕方ないので真面目にイベントを進めます。スレインがナースの言葉を通訳してくれます。
ナースは「力を貸してやるから”ルゼーブの首”と”ショーデルの首”を持って来い」と言っているそうなので、既に持っていたルゼーブの首を差し出しました。残りの”ショーデルの首”を持ってくるために、やっぱり暗黒神殿に行かないといけないようです。


・ナースがいる竜の間の北で、何か親切なゴーレム?が現れて「つるはし」の使い方を教えてくれます。これにより、今まで道をふさいでいたミスリルをぶっ壊せるようになりました。


・ナースの巣穴の別出口から出て、暗黒神殿を目指します。ストーリーの本筋はここで終わり。
この後、丘地のミスリルのせいで進めなかった場所に行き、先に何があるか確かめました。予想通り「妖魔の巣」でした。



今回はここまでです。
このゲームはかなり細かくて、音の要素まであるんです。鎧とブーツに「音がうるさい・静か」の設定があって、うるさいと敵に見つかりやすくなります。当然プレイヤーがキャラを操作するときにも影響がありまして、自分が現在装備している鎧&ブーツがかなりうるさいやつなんですよ。おかげで、キャラを動かしてるとガシャガシャガシャガシャもの凄い音がしますw


その5へ



【メモ】
妖魔の巣の在りかを忘れると後々面倒なので、未クリアのものは書いておきます。クリアしたら消していきます。

墓場
ゾンビ

南東丘地
ゴブリンキング、サイクロプス、スケルトンキング、タイタンゾンビ、ゴブリンロード、ギガンテスゾンビ

北東湿地
リザードマン、エルダーナイト、ダークシャーマン、ガーゴイル

砂漠
アイアンゴーレム

[ 2008/01/27 07:33 ] ドリームキャスト | TB(0) | CM(0)

2008年1月26日(ロードス島戦記 邪神降臨・その3) 

※前回のあらすじ

ゴブリン砦を制圧し拠点を手に入れた戦士は、ウォートに「ダークエルフの集落に行き、パーンという男を助けろ」と指示される。
その指示に従いダークエルフの集落を目指す戦士だったが、途中の丘地にて「妖魔の巣」と呼ばれる、かつての妖魔達が封じられた遺跡を多数発見する。まだ中に入ることは出来ないが、いずれは来る事になるだろうと戦士は予感した。



・マーモ南東丘地からマーモ北東湿地へ移動した後は、例によって一通り見て回りました。
ここでも「妖魔の巣・エルダーナイト」「妖魔の巣・ダークシャーマン」「妖魔の巣・ガーゴイル」を見つけましたが、いずれも入り口は封印されてました。
実は、行こうと思えば1つは行けるのですが、ここは敢えてスルー。


・北東湿地を北に抜けて、目的地のダークエルフの集落へ。
着くと、銀髪のダークシャーマンとエルダーシャーマンが言い争いをしていましたが、大きな争いにはならず。


・パーンを探して集落を見て回っていると、戦士が先ほど言い争いをしていたエルダーシャーマンとその配下らしき奴らに取り囲まれました。ここでも戦闘にはなりませんでしたが、選択肢の選び方次第では戦闘かも。


・さらに集落を探索していると、先ほどの言い争いのもう一方、銀髪のダークシャーマンがいる家に辿り着きました。会話をして、彼女の名前は「ピロテース」だということが分かります。原作を読んでいるので当然知ってましたが。


・彼女の頼み「ピラミッドのウィングドデーモンを倒してくれ」を聞き入れると、ピラミッドへの入り口を開いてくれます。ですので、頼みを聞くためにピラミッド内へ。


・ピラミッドの1Fを探索していた最中に、何やら派手な音がしました。どうやらいつの間にか標的を倒していた模様。


・報告に戻ると、ピロテースに試されていた事が判明。今度は「ピラミッドに捕らえられたこの村の長老を助けてくれ」と本当の頼みを聞かされる。ムカついたので斬りかかったが、やっぱり斬れません。ウォートが皆を魔法で守っているという設定です。
( ̄ ̄ ̄ ̄□ ̄ ̄ ̄ ̄)ちっ


・仕方なく頼みを聞くことにすると、ピラミッドの2階への扉を開いてくれました。「邪魔するやつは皆殺しにしていい」とのこと。大丈夫。言われなくてもそうするから。
戦士が2階に向かおうとすると、「パーンは闇の森に向かった」と教えてくれます。それだけ聞ければ十分。頼みなんて無視して闇の森へ行こうとしましたが、残念ながら扉は開かず。
ピロテースも、そういう情報は依頼達成後に言えばいいのに。


・ピラミッドの2階へ。さぞや広大な迷宮が待っているのかと思ってましたが、超狭くてアッという間に長老救出。


・長老救出後、ピロテースが村人を避難させる。長老だけが1人残り、情報をくれる。闇の森に行けるようになる。
会話の最後に「ピラミッドの3階には恐ろしい魔物がいるから行くな」とフッてくるので、3階に行ってみる。
中の敵は大したことなかったですが、宝箱の罠で死亡


・闇の森へ。かなり広いマップな上に地下には遺跡が広がってるので、少し探索したところでプレイ終了。



今回はここまでです。
プレイ3日目にしてようやくDCのコントローラーにも慣れてきて、操作ミスが減ってきました。それでも敵の前で突然棒立ちになったりしているのですが・・・。


その4へ

[ 2008/01/26 06:57 ] ドリームキャスト | TB(0) | CM(0)

2008年1月25日(ロードス島戦記 邪神降臨・その2)  

※前回のあらすじ

アレクラスト大陸の南に位置する「呪われた島・ロードス」。その中においてさらに「暗黒の島」と呼ばれる場所があった。今まさにその場所=マーモにおいて、黒の導師・バグナードの手により邪神が復活してしまったのだった。
それを知ったかつての六英雄・ウォートは、彼の知る限り最強の男である友を蘇らせこれを倒そうと画策。こうして、主人公である「赤髪の戦士」がこの世に呼び戻されたのであった。

若い肉体の代わりに記憶を失っていた戦士はウォートの手ほどきを受け、徐々にかつての力を発揮し始める。そんな戦士に対しウォートから指令が。
「拠点にするから北のゴブリン砦を奪ってこい」
かくして戦士は、砦に向かうのであった・・・



・ゴブリン砦に通じる地下道で捕らえられていた老ドワーフの鍛冶屋「コークス」を助けた後、さらに地下道を進むと出口が。出るとゴブリン砦のすぐ脇でした。ここから砦に殴りこみです。


・砦の中は当然ゴブリンがいっぱい。両手剣でなぎ払いながら進んでいると、一際大きなゴブリンが。どうやらこいつがボスのゴブリンロードのようでしたが、難なく撃破して砦制圧に成功。するとウォートが現れて、改めて戦士の指名を語ってくれます。ここではムービーも出て、パーン、ディードリット、スレイン、レイリアの姿が見えます。
あれ?カーラはレイリアの姿だったような・・・?


・とりあえず、都合のいいときに出てくるウォートがムカつくので斬りかかってみました。倒せませんでした。


・ウォートは、今度は魔法を教えてくれます。最初の魔法は「リターン」。SNでもありましたが、ほとんどの場所から拠点に帰れて、しかもリターンを使用した場所にも戻れる超便利魔法です。これが無いとこのゲームが成り立ちません。いよいよ本格的になってきました。


・ウォートがいる部屋を出ると、さっきまで敵だったゴブリン達が子分になっています。「欲しい物は力で奪え」がマーモの掟であり、誰も文句は言わないそうです。マジかよ。
しかも、戦士の命令でゴブリンを集める事ができ、さらに「死ね」と命令すると本当に死にます。無茶苦茶だ。このゲーム18禁だろう。


・砦の中には先ほど助けたコークスが鍛冶屋を開いており、利用方法を教えてくれます。これもこのシリーズには絶対必要な要素です。
やり方はかなり複雑でまだ把握できてませんが、やってりゃ分かるでしょう。1つ言えることは、とても面白そうだということです。


・一通り鍛冶のことが済むと、ウォートが次の目的地を教えてくれます。次は「ダークエルフの集落に行って、パーンを助けろ」との事。早くもお馴染みのキャラの登場です。


・ここで、目的地へ行く前に寄り道してハカモリのところへ行ってみることにしました。すると、かつての伝説や妖魔が封じられた場所があると教えてくれます。そこに行くための道具もくれるので、早速行ってみました。


・行ってみると、そこは「妖魔の巣・ゾンビ」というところでした。最初に行ったときは見事に散りましたが、覚えたばかりの鍛冶で武器を強化して再挑戦。今度はクリア(全滅)できました。そういえばSNにも同じような場所あったなあ~。あっちでは終盤にならないと入れなかったと思いますが。
クリアすると、宝箱や武器防具の強化に使う古代語(エンシェント)が入手できます。
ハカモリにクリアしたことを報告し、さらにそこで取ったアイテムを見せると、なぜか急に頭痛を訴えて倒れます。そして、これまたなぜかエンシェントが入手できます。


・そろそろ本筋に戻ろうと思い、ダークエルフの集落を目指して旅立ちました。
砦を北に出るとまずは「マーモ南東丘地」というところなのですが、ここがまた凄く広い!
しかも行ける場所がたくさんあって、中には今行っても絶対に死ぬ場所などもあります。


・とりあえず丘地から砂漠へと行ってみました。明らかにヤバかったので帰宅。


・次に、ずっと北に進み「マーモ北東湿地」へ。正解っぽかったので帰宅。


・砂漠へ突撃してみました。案の定、死亡。


・ここ、南東丘地にも妖魔の巣がたくさんありました。
まずは「妖魔の巣・サイクロプス」へ。・・・封印扉があったので入れず。
次に、「妖魔の巣・ゴブリンキング」へ。・・・封印扉があったので(以下略)
さらに、「妖魔の巣・スケルトンキング」へ。・・・封印扉(以下略)
今度は、「妖魔の巣・タイタンゾンビ」へ。・・・封(以下略)

この野郎!(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━┻


・ストーリーを進めるため、再び北東の湿地へ。
ここでも「妖魔の巣・リザードマン」を発見。中に入ると(以下略)

ではなく!今回は直前の敵から封印を解くアイテムを手に入れていたのでした( ̄ー ̄)ニヤリッ
意気揚々と中へ。

敗北・・・〓■●



今回はここで終了。
ここまでやってちょっと気になったのが、視点変更がちょっと使いにくいかな?と。
操作もややこしいのですが、それ以上に見たいところが見られないのです。
360°グルグルと回ってくれると嬉しかったのですが、3方向ぐらいからしか見られないのが残念。


その3へ

[ 2008/01/25 05:10 ] ドリームキャスト | TB(0) | CM(2)

2008年1月24日(ロードス島戦記 邪神降臨・その1)  

次に何をやるか悩みましたが、やはりアクションがやりたかったので、ドリームキャストのアクションRPG『ロードス島戦記 邪神降臨』にしました。
前にPS2ソフト『シャイニングフォース・ネオ』をプレイしたときに、”ドリームキャストのロードスが開発会社も同じで、ゲームも同じような感じで面白い”と教えていただいたのです。
恥ずかしながら、それまでドリームキャストにロードスのゲームが出ていた事すら知りませんでした。

『シャイニング・フォース ネオ』は、自分が2006年にプレイしたゲームの中では最高に面白かったと思ったものです。それと同じような感じで、しかも作品のファンであるロードスの世界で出来るとなれば面白くないわけがありません(小説やOVA、TVアニメやPCゲームなど経験済み)。
ですので、少々プレミア化しているこのゲームですが思い切って買ってみました。
よかったら、これからクリアまでお付き合いください。



まずは基本の操作&システムの説明を。
・・・と思いましたが、操作はかなり複雑なんですよ。自分も久しぶりのDCのせいかボタン配置に馴染めなくて、キャラと会話するつもりが攻撃してしまう有様でして・・・。
まあ要は、敵がワラワラ出てくるので、それをたった一人でぶった切っていくゲームです。
武器や防具のカスタマイズがかなり自由に出来て、個性的にキャラを育てられるようです。
ちょっとやった感じでは、確かにシャイニング・フォース ネオと同じものを感じました。いい意味での”プレイヤーを突き放した感”など特に。

ストーリーは、「バグナードとカーラが邪神カーディスを蘇らせちゃったので、ウォートが最強の男(つまりベルド。ただし若い&記憶なし)を生き返らせて何とかしようとした」と、かいつまんで書くとこんな感じです。原作知らないとわけ分からない単語ばかりですね。

でも大丈夫。ロードスを知らない人のために、このゲームには用語辞典も入っています。すっかり忘れている自分にもありがたい。
ただし、もの凄い量なので全部読むのはかなり大変ですが・・・。全部で400近く単語があったかな?
まあ、原作知らなくても楽しめるという評価ですので、気にしなくてもいいでしょう。



・ゲームの舞台は暗黒の島・マーモ。だからか、画面が全体的に暗めでちょっと見づらいかな?キャラも小さめなので余計にそう感じるのかも。


・ゲームを始めると、主人公がウォートの前に素っ裸で立っています。名前を決められますが、自分はデフォルトがあればそれにする主義ですので、デフォルトの「赤髪の戦士」にしました。
この後は所謂チュートリアルが始まります。かなり親切に教えてくれますので、説明書読まなくても大丈夫なぐらいです。


・初めてのセーブ。はっきりいって長い。
なお、自分はこのためにDCのビジュアルメモリを用意しておきました。そのうち入手困難になりそうですし。


・チュートリアルの最後に実戦的な戦闘がありますが、シャイニング・フォース ネオでもあった”明らかに今は勝てない敵”も出てきます。ウォートが一緒に戦ってくれるので、彼に任せないと間違いなく死にます。


・チュートリアル終了後、まず何をすべきかウォートが教えてくれます。
それによると、自分らの拠点にするために北にあるゴブリンの砦を攻め落とせとの事です。
そのとき「ゴブリンロードを殺せ!」と物騒な事をストレートに言います。
敵を倒すと血溜まりが出来ますし、今ならかなりキツイ指定となることでしょう。


・チュートリアルの場所を出ると、そこは「マーモの墓地」という場所でした。
このゲームは場所移動すると地名が表示されるので親切です。


・マーモの墓地を一通り探索したのですが、かなり広いです。いきなりの広マップ、こういうところが堪りません。


・墓地の南西に小屋を発見。中に入ると「ハカモリゴブリン」がいました。説明書にも「彼を敵に回すな」と書いてあるのですが、とりあえず話した後、攻撃しちゃいましたw
こういう事も出来るのが魅力です。
何発か当てたら怒り出して、火の玉撃ってきてあっさり殺されましたが。


・墓地の北には問題のゴブリン砦がありますが、正面から突っ込んでも中に入れません。壁越しに飛び道具で攻撃されてむかつくだけです。
帰り際にウォートが現れて、ハカモリゴブリンの存在を教えてくれました。もう知ってるよ。


・ハカモリに聞いた情報を元に、マーモの墓地中央にある王家の墓へ。
そこから地下に下りると、ゴブリン砦に繋がっているようです。
ふとステータス画面を見ると、いつの間にか武器を拾ってました。全く記憶にありません。とりあえず、シャイニング・フォース ネオ(面倒だから今後は「SN」で)でも愛用した両手剣に変えました。盾が装備できなくなりますが関係ありません。攻撃力命!


・墓場の地下を進んでいくと、奥に独房がありました。中には老ドワーフが捕まっていたので、これを救出。このドワーフが、このゲームで重要な役割を持つ鍛冶屋のようです。
こいつにも名前を付けられますが、例によってデフォルトの「コークス」に決定。



今回はここまでです。
まだ始めたばかりですが、たしかにSNの元というだけのことはあると思います。これからが期待できます。ロードスですから、お馴染みのキャラもそのうち出てくるでしょうしね


その2へ

[ 2008/01/24 05:16 ] ドリームキャスト | TB(0) | CM(2)

2008年1月23日(じゅうべえくえすと・その15・最終回) 

※前回のあらすじ

ドクターマインの呼び出しに応じて琵琶湖に行ったじゅうべえ達は、エイリアンドールに襲われ敗北する。柳生の里に戻り幻の島・ホルクロアの場所を聞いたじゅうべえは、ホルクロアでエイリアンドールを倒す最後の希望となった「まがつたま」を入手。日本海上に現れたドクターマインの城「未来城」に乗り込む。激烈を極める未来城での戦闘。その先でじゅうべえを待つものは・・・


・「ドールのカギ」を使って、未来城入り口付近のドアを開ける。非常に分かりにくいので注意。城に入って右に進んだ端です。

・地下に下りて探索。ここで出る「スカイキラー」という敵が恐ろしく強い。3匹出ると地獄。ほとんどの攻撃が全体攻撃、しかも3桁ダメージ。どうかしてる。

・ここで随分と詰まりましたが、床にある怪しいマスを調べたら開いて解決。
ノーヒントでこんなの分かるか(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━┻
注意すべきは、その怪しい床の上で「さがす」を選んでもダメ。一歩手前でやらないと。

・その開いた所から床下に潜れるので、これを上手く使って先に進みます。潜ってる間は敵が出ないので安心。

・そのフロアから下にすすむエレベーターに乗ると、再びエイリアンドールとの戦闘になります。
しかし、こいつグ○に似ているような気が。昨日書いたガンダーロボはギャ○っぽいし。

・エイリアンドールとの戦闘で「まがつたま」を使うと戦闘終了です。なぜか一回失敗しましたが。

・エイリアンドールがどうなったのか知りませんが(なぜか文章の表示が一瞬だった)、じゅうべえ達は城の地上部へ吹っ飛ばされます。城もボロボロになります。

・ここでまた詰まりましたが、城の右の塔と左の塔の間にもう1つ塔があって、城がボロボロになった事で穴が開いて入れるようになっていたのでした。
はっきりと入り口が開いていればいいのですが、他の場所と変わらないグラフィックなので非常に気がつきにくいです。
製作者はクリアさせたくないのか!(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━┻

・塔に入り、中にあるエレベータを上がるといよいよラスボス戦です。
まずは、ドクターマイン3匹の下僕から。

キラーウルフ・・・オニガランド編のボス ←忘れてた(ーーA;;
メタルブロック・・・オーロラ王国編のボス ←忘れてた(ーーA;;
フライウイドウ・・・尾張入道を殺した奴。

3匹同時なので結構辛いですが、気合で戦います。

この戦闘に勝つと、3匹が合体して「サーベンラガー」となります。
こいつはHPは高いですが、それほど苦戦はしないでしょう。さっき書いたスカイキラー3匹の方が強い。

サーベンラガーに勝つと、いよいよ真のラスボス「マインマスター」戦です。
ここまで来たら小細工は不要。思いっきり戦いましょう。
正直、それほど強くないです。硬いだけ。

この3連戦に勝つと、待望のエンディングです。

ストーリー中にちょくちょく名前が出てくる「ときわたり」が現れ、じゅうべえの正体が明らかになります。その後は柳生の里に戻り、助っ人や重要キャラと会話ができます。
全員と話したらスタッフロールになるかな~?と思ったのですが、

スタッフロール無い!

ちょっと英語が出て終わり。え?これで本当に終わり?


ちなみに、ラスボス突入時のレベルは、

じゅうべえ・・・41
りゅうひめ・・・41
ウルフ・・・37
イワン・・・27

これってかなり高い?

戦闘では「ミサイルポッド」などを使うと楽なようですが、自分は一切使いませんでした。
終盤のボス戦の基本は、じゅうべえはとにかく「2だんぎり」。龍姫がやられたら「あげいん」
龍姫は「コウラブル」で防御力を高めて、後は回復に専念。
ウルフはじゅうべえの攻撃力を「ダンビラ」で上げて、上げきったら今度は「ダブ」を毎ターンじゅうべえにかける。これにより、じゅうべえが4回攻撃できるようになる。
イワンは適当に攻撃したり守ったり。
これで最後まで戦いました。

【総括】


ストーリー・・・面白い
グラフィック・・・ファミコンなら高レベル
システム・・・問題なし
音楽・・・結構いい
戦闘・・・地獄
エンカウント率・・・悪夢

この前にやった鬼太郎2も相当に根気が必要でしたが、こっちはそれ以上かも。攻撃をスカることが多いのは共通点。
とにかく敵が出る。4回連続1歩でエンカウントには参った。
そして戦闘。後半になると、ほとんどの敵が全体攻撃してくるので最悪全滅します。マヒや毒(攻撃力ダウン)、呪いといった状態異常攻撃がまた極悪。特に呪いは、戦闘中には回復できない恐ろしさ。そういう意味で、8章がこのゲームで最も難しいかも。

パーティーキャラ以外にも仲間がいて、様々な場面で助けてくれるのは面白かったです。ただ、宝箱の罠だけは無意味だと思いましたが。

というわけで、結論。

現在のぬるゲーに飽きた人向け!

これをクリアできるなら、大概のRPGは解けるんじゃないですか?



一体どれほどの方がこの長たらしいブログを読んでいてくれたのかわかりませんが、『じゅうべえくえすと』は今回で終了です。ありがとうございました。
次何をやるかは、まだ決めていません。鬼太郎2→じゅうべえくえすと、とレトロのキツイRPGが続いたので、次はスカッとするようなゲームがやりたいですね。


『じゅうべえくえすと』の巻  完

[ 2008/01/23 04:58 ] ファミコン | TB(0) | CM(0)

2008年1月22日(じゅうべえくえすと・その14) 

※前回のあらすじ

ミコちゃんを助っ人に加え、呪い城のゾンビ魔王を倒して住民ゾンビ化事件を解決したじゅうべえ達。きんすけと物々交換で8つ目のコスモトロンを手に入れるも、尾張入道に化けた敵の策略に嵌り全て奪われてしまう。さらに本物の尾張入道は敵の手にかかり死亡。

とりあえず江戸を目指すじゅうべえ達であったが、途中、富士山に巨大な卵があるとの情報を得て富士山へ向かう。山頂には確かに見た目は卵に見える物体があり、それを見た龍姫に異変が!
空を飛ぶ手段を得たじゅうべえ達は、今度こそ江戸へ。しかし、じゅうべえ達の目の前で、江戸の町は敵が操るエイリアンドールによって焼かれてしまうのだった。

柳生の里のピンチを知ったじゅうべえ達は急いで柳生へと戻る。しかし時すでに遅く、柳生の住民達は襲われて散り散りに、じゅうべえの家族達も怪我をして伏せってしまう。
そこに響く敵の大ボス・ドクターマインの声。
「琵琶湖に来い」

・・・こうしてじゅうべえ達は、琵琶湖へと向かうのだった・・・


・他の町は全て壊滅しているので、仕方なく琵琶湖に浮かぶ島へ。するとエイリアンドールが出現し、戦闘に。当然勝てるわけもなく、あっさりと全滅。当然、ここは負けていいものだと思ってました。

・しかし、全滅した後が普段の全滅時と全く変わらず。
「え?まさかアレに勝たないといけないの?」
というわけで、再度琵琶湖に向かいましたがエイリアンドールはいない。柳生の里に戻ると、怪我をして伏せっていたじゅうべえの家族達が起きてました。
やっぱり負けてよかったのか。それならもうちょっと変化を付けてくれ。

・復活した家族との会話。
母親は、「じゅうべえ」という名と「プレイヤーがつけた名前」の関係を教えてくれる。
父親は、武器・レイザーソードと防具・ハイパーアーマー、そして敵の居城・未来城の場所を教えてくれる。なお前に書いたとおり、このゲームでは武器・防具を貰うと自動的に装備して、前に装備していたものが無くなる仕組みなので、柳生の秘宝「しんかげ」消滅
姉は、幻の島の地図を見せてくれます。なんとそれは姉の背中に浮き出るようになっているのです。ここでは姉の背中に地図が浮かび上がる特別なイベント絵が出ます。上半身裸です。

・その地図を元に、幻の島にある町・ホルクロアへ。
ちなみに、前にそこを通ったときは島などありませんでした。いつ出てきた?

・中に入る。住民がマ○ーのどせ○さんそっくりなのですが・・・| ̄□ ̄A;

・ここに来る最大の目的が、対エイリアンドールの切り札「まがつたま」を手に入れるため。
ということで、まがつたまに関する重要情報を知る「ポップばあさん」の元へ。
すると、まがつたまが欲しければ自分の歌を聞け、という。そんな場合ではないだろう!

・町の中にある泉へ。ここで泉に対して「歌う」とまがつたまが取れるらしい。ここで大いに焦る。

「まさかマイク使用!?」

自分が使っているニューファミコンにはマイクがないのです。クリア直前のここまで来て断念?
・・・かと思いましたが、泉に対して「はなす」だけでよかった。心底ε-(´▽`) ホッとしました。

で、泉に対して話かけると上からまがつたまが降ってきたのですが、所有アイテムがいっぱいで素直に受け取れず。ああ、しまらない。

・装備を整えて、決戦の地・未来城へ。場所は日本海。前に出てきた動物温泉の北辺りにあります。

・未来城内。城内には話すことができるキャラもいます。ドクターマインに連れてこられた「みらいじん」だそうです。その中の1人が「パームロケット」というアイテムをくれる。後で必要になるらしいです。

・敵キャラに「ガンダーロボ」というヤツが。パワ○ロ?

・ここも氷結城のようにツインタワー構造。まずは左の塔を上っていき、最上階で中ボス・ボスガンダー1と対決。勝利して奥へ。

・奥には右の塔へ渡れる橋が。氷結城のときのように崩れることはありませんが、向こう側の入り口の上に砲台があり、近づくと攻撃されます。
ここで先ほど貰った「「パームロケット」の出番。コレを使うと砲台を破壊できます。

・右の塔へ。今度は下へ下へと進んでいきます。少し下りると、ボスガンダー2がいます。このまま戦闘かと思いましたが、近づくと落とし穴に落とされます。
落ちた先で、ボスガンダー2の子分達と対決する事に。ここではボスガンダー2を含めて、なんと4連戦!

・まずは前に戦った「ダルマたいし」戦から。これは特に問題ないかと。

次は「ゾンビ魔王」。ここで呪われると地獄です。戦闘中に呪いを回復する手段はありません。自分は回復役の龍姫が見事に呪われました。仕方ないので、龍姫を一度わざと倒されて、それから復活させる荒技を使いました。これでMPも回復して一石二鳥だったのですが。

3戦目は初登場の「バイオフラワー」が3匹。こいつらがまたムカツク奴で、攻撃のほとんどが全体攻撃です。龍姫が全体回復を持ってないとキツイかもしれません。自分は持ってたのですが、それでも結構キツかった。

こいつらに勝つと、いよいよボスガンダー2との対決です。こいつは単体攻撃ですがもの凄い威力の「ヘルビーム」(だったかな?)を使ってくるので、HPは常に満タンでいるほうがいいでしょう。

で、この悪夢の4連戦に勝利すると、アイテム「ドールのカギ」を入手することができ、外に出ると右の塔の出口でした。


今回はここまで。
明日にはクリアできるといいなあ・・・


その15へ

[ 2008/01/22 04:53 ] ファミコン | TB(0) | CM(0)

2008年1月21日(じゅうべえくえすと・その13)  

※前回のあらすじ

氷結城のダルマたいしを倒し、7つ目のコスモトロンを手に入れたじゅうべえ達。
次は東北地方に渡りましたが、ここでは住民がゾンビにされる事件が発生中。住民ゾンビ化事件解決&コスモトロン入手のため、じゅうべえ達は敵のボスがいる呪い城へと踏み込んだ!


・一旦恐山に戻り、町の南東の家にいるゾンビに話しかけると助っ人のミコちゃんを発見。自分で「ちゃん」付け。敵に見つからないようにゾンビに化けてたとか。紛らわしい!
これで呪い状態からの回復(要アイテム)と、お墓からの情報収集が可能に。昨日ノーヒントで解いたところのヒントがもらえる。きつすぎるのでおかしいと思いました。

・南部の町の南に「いけないわたし」を発見。尾張入道がいて、コスモトロンを8つ持ってないと通してくれない。思いっきり(;¬_¬) アヤシイ・・・

・呪い城へ。捕まっていた人の話から、昨日ミミズク大明神からもらった「バルドナイト」を助っ人・源内の能力で「バルドロンブイ」に変える。これ重要。

・ミコちゃんを呼ぶと呪いが解けるようになり安心していたら、呪い城ボスがいる階&その前の階では助っ人を呼ぶことができない罠。ボスがいる階では敵は出ませんが、その前の階でよく呪われるんですよ、これが。

・ボス・ゾンビまおうと対決。勝利後現れる階段を下りると、住民をゾンビ化する装置が。ここで先ほど作った「バルドロンブイ」を使って装置を破壊。城崩壊。

・ゾンビ化した住民が元に戻ったはずなので、町を回って情報収集。
ここで墓から情報を得ようとすると、「ううっ さむい くらい・・・」の後に「れいかいもへいわになった」と言われる。あんまり平和そうじゃないな。
昨日、ゾンビの進入を防ぐために家の前に岩を置いていたけどイワンがどかしちゃった家に行ってみたら、「がんばって」としか言ってくれない。もしかして怒ってる?

・あきんどタウンにいたきんすけも元通りに。予想通り、ゴールドダイヤとコスモトロンを交換しようと言ってくる。仕方ないので交換。8つ目のコスモトロン入手。

・「いけないわたし」へ。尾張入道に8つのコスモトロンを見せると通してくれる。ただし、コスモトロンは尾張入道に託す事になる。あ~あ、やっちゃった。

・いけない渡しから船で「カムカム」へ。出ようとすると、またまた尾張入道が登場。
さっきの事を話すと「バカモノ!それは偽物じゃ」と怒られる。そんな事言われる筋合いはねえ。

結局全てのコスモトロンが敵の手に。じゅうべえ達が集めたところを横取りされるパターン。
だから前に、「集めるのは2~3個にして後は向こうから来るのを待ったほうがいい」と言ったのに。

・尾張入道との会話中に、ドクターマインの第3のしもべ(1も2も知らんが)・フライウイドウが飛んで来る。こいつが変装していたらしい。上からよく分からん爆撃されて、尾張入道あっさりと死亡。悲しい曲が流れるが、そこらの家に入って出るとすぐに明るい曲に戻る。

・カムカムを出て8章終わり。


・9章。ドラゴンの話らしい。

・カムカムの南、「あわ(安房)」の村へ。富士山に巨大卵が現れたらしい。

・安房の西に江戸の町があるが、尾張入道によって高い壁が作られ入れない。つくづくあいつは・・・

・安房の北西には洞窟が。抜けると富士山へ。

・富士山に。中はどんなダンジョンかと思ったら、何もなくいきなり山頂へ。そこには確かに巨大な卵のようなものが。それを見た龍姫の様子がおかしくなり・・・。
ここから先はご自分の目でお確かめください。「書けよバカ!」というなら書きます。
とにかく、このイベント後にじゅうべえ達は飛ぶことが出来るようになります。

・安房に戻って、じゅうべえの剣を「まさむね」にパワーアップしてもらう(無料)

・これで江戸を囲む壁も越えられるので、江戸に入ろうとしたら直前で江戸の町から炎が吹き上がる!

・中に入ると、江戸は見事に焼け野原に。情報から柳生が危ない事を知り、慌てて柳生の里へ。

・柳生に着くと人影が全くなし。旅の出発点とも言えるじゅうべえの家に行くと、家族が皆敵にやられて寝込んでいる。話しかけても「アウ・・・」しか言わない。
家を出ようとすると、どこからともなくドクターマインの声が聞こえ、琵琶湖に来いという。

・家を出ると9章クリア。5章より短い。


・10章へ。どうやら最終章のようです。

・いきなり琵琶湖へ行くのも何なので、せっかく飛べるようになったことですし、世界を回ってみる。

が!柳生の里と江戸以外の全ての町や村、それどころか洞窟の類まで全て敵に潰されて、入る事が出来なくなっている!(薩摩の山と富士山は残ってました)
仕方がないので、決戦の地・琵琶湖へ行くことにしたのでした。


今回はここまでです。ようやくクライマックスですね。
今までは戦闘不能を回復できる超力はじゅうべえしか使えなかったのですが、ようやく龍姫も覚えてくれたので、上手くやればダンジョン内でも無限に戦い続けることが出来ます。昨日書いたように、このゲームでは戦闘不能から回復させると必ずHPMPが満タンになるので。
その代わり、敵のマヒが危険になりました。今のところ、回復手段は龍姫の超力かアイテムしかないので。マヒを使ってくる敵が5匹同時に出ると大ピンチ!今日もそれで全滅しました。


その14へ

[ 2008/01/21 04:50 ] ファミコン | TB(0) | CM(2)

2008年1月20日(じゅうべえくえすと・その12)  

※前回のあらすじ

飢餓城を攻略し6つ目のコスモトロンを手に入れたじゅうべえ達。イワンとも合流し、再び日本へ。北の大地を支配するダルマたいしを倒すため、氷結城へと乗り込んだのだった・・・


・氷結城攻略のやり直し。メガトンコインは売り払ったので、今度は問題なく橋を渡る。
渡った先の塔を下りて行き、途中で氷づけの妖精も助け、尾張入道も助け、いよいよダルマたいしと対決。

・勝利するも、「バグラのみ」を使い忘れてダルマたいし復活!
戦闘終了後、一歩も動かないでバグラのみを使わないとダメな模様。

・今度こそキッチリ「バグラのみ」を使い、氷結城が崩壊。跡地でコスモトロン入手。

・まりものさとへ。助けた妖精に「ひかりのてんしのしそん? さあね」と生意気な口をきかれる。助けてやったのに!また凍らせるぞ。

・先に進めるようになり、「はこだて」へ。周りは雪だらけなのに、函館の町は雪が全くない。
住人に「わしゃ スケベじゃ」と言われる。そんなこと言われても知らん。
渡し舟に乗って「りんごむら」へ。7章クリア。

・8章。呪いだのゾンビだのがこの章のテーマらしい。

・「りんごむら」でじゅうべえの武器が「むらさめ」から「やまあらし」にパワーアップ。

・りんごむら南東の湖で「しらぬい」入手。龍姫が装備するのですが、呪いで攻撃力が0に。しかも売れない。
(ここでちょっと説明。このゲームに「そうび」というコマンドはなく、武具屋で武器を買えばその場で自動的に交換されます。基本的に宝箱の中に装備品が入っていることはありません。もしあっても、取った瞬間に自動的に装備交換になり、前に装備していたものは消えるだけでしょう)

・「りんごむら」東の村へ(おそれざん?)。紫の村人がいるが、それはゾンビ化した住民。話しかけると戦闘。なので話しかけないでいました。これが大きな間違いだったのですが・・・。
ちなみに、戦闘に勝つとゾンビはいなくなりますが、家に入るなり村から出るなりすれば復活します。龍姫やウルフが1人で話しかけても戦闘にはなりません。

・その村から南へ。新たな村(なんぶ)発見。
この村にはロバロバがいるが、動物と話せる「みかづき」を使っても話すことができず。残念。
この地方のボスは呪い城にいるゾンビまおうと判明。
岩を使ってゾンビが入ってくるのを防いでいる家がありましたが、イワンでどかしてあげました。

・戦闘中に呪われる。これが実にやっかいで、治す超力なし。町の復活所でもダメ。アイテムもなし。戦闘中の行動が全て味方を攻撃するようになってしまうので、仕方なく防御だけさせてました。強引な治し方として、わざと敵にやられて復活させるというのがありますが。

・呪い城に着くも、中に入れず。後回しに。

・呪い城の南にある「あきんどタウン」へ。ここもゾンビ化の被害に遭っており、あの「宝石売りのきんすけ」もゾンビに。
じゅうべえの剣が「やまあらし」から「うんりゅう」にパワーアップ。

・あきんどタウン南西にある洞窟へ。中にいた敵曰く「マインサマノカクシキンコ」らしい。その敵を倒し、足元から「ゴールドダイヤ」入手。

・南部に戻り、北東の洞窟へ。中には「タンバせんにん」がいて、龍姫が装備している「しらぬい」の呪いを解いてくれる。

・試しに呪い城に行ってみると、しらぬいが城門を切って中に入れるようになる。
ノーヒントだぞ!(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━┻
・・・と思っていたのですが、実は違っていたのでした。

・「マインサマノカクシキンコ」から南東に行くと「ミミズクだいみょうじん」が。中に入ると敵にしか見えないミミズクさまがいて、コスモトロンは宝石売りに取られたからと、代わりに呪いを破れるらしい「バルドナイト」をくれる。使い方不明。

ここで今後の展開予想。ゾンビ魔王を倒す→きんすけ元に戻る→コスモトロンとゴールドダイヤ交換。間違いない。

・呪い城の中へ。途中に、仲間1人の命と引き換えでないと進めない場所あり。注意。
地下で呪いのカギを入手。これを使って捕まっている人々を助けるようだ。


今回はここまでです。
やたらとノーヒント&呪いがきつすぎるのでおかしいと思っていたのですが、どうやら助っ人に加え忘れているキャラがいる模様。それが記事中にある恐山での間違いです。ゾンビ化している人には話しかけなかったのですが、キチンと話さないとダメみたいですね。
その助っ人がいればヒントが聞けるそうですし、呪いの対処法もあるらしいです。というわけで、明日のプレイはまずそいつを助っ人にするところから始めたいと思います。

ちょっとした情報。
このゲームでは、戦闘不能になったキャラを回復させるとHP・MPが満タンになる仕組みです。
それを利用して、道中でMPが減ったキャラ(ほとんどの場合龍姫)をボス直前でわざと倒されて、じゅうべえの超力で回復させるという手段もあります。


その13へ

[ 2008/01/20 07:38 ] ファミコン | TB(0) | CM(0)

2008年1月19日(じゅうべえくえすと・その11)  

※前回のあらすじ

ひでりぼうを助っ人に加えたじゅうべえ達は、せんりのちょうじょうを破壊して砂漠へ。ひでりぼうの力を借りて砂漠の城・飢餓城に乗り込み、そこで人間が缶詰にされている事を知る。


・飢餓城内部の探索。
最下層に辿り着くと、そこには缶詰工場が。工場を守る敵を倒し、工場をストップさせる。

・そこから上を目指し、今度は最上層でボス・ツタンだいおうと対決。これを退けて「すなふきランプ」入手。ひでりぼうが抜ける。脱出口の前で6つ目のコスモトロン入手。
クリア後にもう一度城に入ってみると、ひでりぼうがハーレムを形成している。中にいる人に話しかけても「ウフン ひでりぼうちゃん」しか言わない。

・ハルビンタから南に5・東に7の位置で「すなふきランプ」を使い、東に渡る道を作る。これを渡ると6章クリア。長かった。

・7章へ。渡ってすぐの場所にある「ババロフ」の村へ行くも、犬が1匹いるだけ。今度の村はRPGにありがちな”村人が動物にされた”とかかと思いましたが、犬と話してみたら「村人は皆殺された」だって。ストレートすぎ!

・ババロフの北に怪しい場所が。行くと「宝石売りのきんすけ」というキャラに出会う。こいつにコスモトロンを見せたので、いづれはこいつからコスモトロンを買うとかいう展開になりそう。
なお、ここから東に行くにはイワンが持っているアイテムが必要とのこと。

・さらに北へ行くと洞窟が。中には半分埋まった状態のイワンが!
ついに4人パーティーの完成です。

・イワン、合流後初戦闘でマヒ
なお、このゲームのマヒは自然&戦闘後に治りません。このことから、戦闘中に全員マヒすると全滅なのでしょう。

・さっきの宝石売りがいた場所に戻り、イワンが持っていた「ノルンのなみだ」を使って海を凍らせて、東に行くことができるように。

・次の村は「いしかり」、北海道上陸です。ロシアは通りすぎただけでした。

・石狩の鍛冶屋に「しんかげ」を一万両で鍛えてもらう。しんかげが「むらさめ」に。柳生の宝を勝手に鍛えてもいいのでしょうか?容赦なく厳しか人に怒られそうです。
そして、例によってどれくらいパワーアップしたのか分かりません。

・石狩を出て「きたのかみがみのほこら」へ。大した情報は無し。

・南へ行き「まりものさと」へ。ここの「春の妖精」が敵のボス・ダルマたいしにさらわれたせいで山が凍ってしまったらしい。
村にあった雪玉?をイワンの特技でどかすと、妖精の1人が登場。「バグラのみ」入手。

・ダルマたいしの城・氷結城へ。中には氷柱があり、そこの前で石狩で購入できる「ひのさけ」を使うと氷が溶けて妖精を助ける事ができる。これが分からなくてかなり悩みました。使う位置に気をつけて(正面下)

・城内の氷の橋へ。城内で手に入れた「メガトンコイン」というアイテムを持っていたせいで、橋が壊れて落下、城の外へ放り出される。このアイテムは城に入ってすぐにある宝箱の中にあります。罠です。売っちゃいましょう。


今回はここまで。
今日のプレイで気付いたことは、ひらがなの超力は回復系、カタカナの超力はそれ以外ということです。これは大きな発見でした。


その12へ

[ 2008/01/19 06:52 ] ファミコン | TB(0) | CM(0)

2008年1月18日(じゅうべえくえすと・その10)  

※前回のあらすじ

オーロラ王国の危機を救ったペンタ王子。その仲間・ガンちゃんこそ、じゅうべえ達の仲間となるべき運命の戦士だった。地上に来たイワン(=ガンちゃん)はとある洞窟内で半分埋まってじゅうべえの到着を待っている。

一方じゅうべえ達は、ついに宿敵のコウモリ太夫を倒し、5つ目のコスモトロンと「しんかげ」を取り返したのだった。


・昨日の最後にとった「ビンビンエキス」。これは情報により若返りのエキスと判明。
これをナホトンカ南の老人に使うと若返る。この老人こそ、かつての砂漠の王「ひでりぼう」でした。

・ひでりぼうに1万両払って助っ人にし、地図を貰う。地図を頼りに、「せんりのちょうじょう」を壊す事ができるアイテム「ガイナブースト」を入手。
長城へ行き、前と同じように段差があるところに近づいてガイナブーストを使うと、長城が見事に全部ぶっ壊れる。てっきりその一部分だけ壊れるのかと思ってました。

・砂漠へ。ひでりぼうを呼んで砂漠の城・飢餓城探し。

・飢餓城発見。前にウサギに貰ったヒントを頼りにアイテムも入手。(大したものではない)

・城内へ。またも宝箱に仕掛けてあるエナジードレインの解除にジロキチが失敗。当然リセット。

・別の宝箱でもエナジードレインに引っ掛かりリセット。しかも2回。

ジロキチがわざとミスってるとしか思えない!

・城内の床には開閉式の罠が多い。先頭キャラが引っ掛かったとき落ちるのは分かるが、パーティーキャラが引っ掛かったときまで落ちるのはキツイ。現在3人パーティーなので、なかなかタイミングとりづらいです。

・捕まっていた人を救出。話によると、ここのボス「ツタンだいおう」は人間を缶詰にしているらしい。エグさ最高潮!
ちなみに、自分が今までやったゲームで人間缶詰の話は、記憶にある限り4つ目です。結構定番?


今回はここまで。
段々雑魚敵に全体攻撃が標準装備されてきましたよ。
しかも、最大HP300程度のところに100近いダメージをくれます。
連射されたら終わりです。バランス厳しいです。


その11へ

[ 2008/01/18 04:29 ] ファミコン | TB(0) | CM(0)

2008年1月17日(じゅうべえくえすと・その9)  

※前回までのあらすじ

シーサンプータから貰ったトランポリンを使って「さんりのちょうじょう」を越えたじゅうべえ達は、「モンゴレン」の町へ。そこで見つけた「あおいほん」を読むと、オーロラ王国の話が始まった。

オーロラ城の王子・ペンタは、隣村のクマコと結婚するため、壊れてしまったオーロラ王国のクーラーを直しに行くのだった・・・


【ペンタサイド】

・ガンちゃんを仲間にする。ガンちゃんの特技は「だっしゅつ」と「ちからもち」。脱出の方は使う機会がありませんでしたが、おそらくダンジョンから出られるのでしょう。力持ちの方は、邪魔な岩や人を吹っ飛ばせます。村などで邪魔な人がいたらガンちゃんで押せば、画面外まで飛んでいきます。画面が切り替われば復活しますし、別に怒られないのでご安心をw

・別の洞窟を抜ける。抜けたところに岩があるが、上記のガンちゃんの「力持ち」で岩をぶっ飛ばして通過。新たな村「ゆきおとこむら」へ。ここにいるサスカッチンに目的を伝えると「「きんのたま」をくれる。

・村から先に進むとまたも邪魔な岩が。これはガンちゃんではなく、先ほど貰った「きんのたま」を使ってどかす。すると洞窟が現れ、そこを抜けるといよいよクーラーがあるサーモ島へ。

・この辺りの敵が異常に強い。そして、今日はプログラムの機嫌が悪いのか、もの凄いエンカウント率。2歩に1回ぐらいの戦闘でまともに進めない。
おまけに敵の攻撃が強烈で、全体攻撃できる敵が3体出たら3体とも全体攻撃(T-T)

・サーモ島にある洞窟の一番奥に行くとクーラーが(見た目は水晶っぽかったですが)。
近づくと、イワン(ガンちゃん)を追ってきたという敵が登場。戦闘。そして勝利。

・クーラーの前に行くと選択肢が。直し方を選べるのですが、自分は「ゆする→いいきかせる→けとばす」で直しました。他にも方法があるかも?

・無事にクーラーも直り、また世界が氷に包まれました。こうしてペンタは無事にシロクマ村に辿り着き、めでたくクマコと結婚する事が出来ましたとさ。
その後、ガンちゃんは本当の名=イワンを告げられて、長老の力で地上へ。どこかの洞窟の中に埋まってしまい、そのままじゅうべえ達を待つことに。

ペンタサイド・完


【じゅうべえサイド】

・三度じゅうべえサイドへ。まずはモンゴレンを出て、北には「せんりのちょうじょう」があって進めないので西へ。するとハルビンタという村を発見。

・ハルビンタで情報収集。内容は省略。

・南へ行き、ナホトンカという町へ。ここでも重要な情報はありますが割愛。

・ナホトンカの更に南へ行くと、寂しげな一軒の小屋が。中には1人の老人がいるが、話も何もできないので今はスルー。

・ハルビンタへ戻り、そこから渡し舟でシバレンという村へ。ここでも男がさらわれている。どうもこのゲームは男が被害に遭うことが多いな。

・シバレン北の洞窟へ。中にはさらわれた男達がいるが、コウモリ太夫に惑わされている状態。暗闇城にいた石見の男達と同じ。

・奥に行くと地面に剣が刺さっているのが見える。近づくと、柳生の里で最初に戦った「ウシまつ」登場。戦闘突入。

・ウシまつに勝利すると、いよいよコウモリ太夫との戦闘に。連戦なので注意。
コウモリ太夫に勝つと、5つ目のコスモトロン入手。そしてついに「しんかげ」奪回。
しかし、入手と同時に装備してしまうので現在の装備と比べてどれぐらい強いのか分からず。

・さらに、正気に戻った男達の情報から、しんかげがあった場所を探して「ビンビンエキス」入手。

・「しんかげ」を取り戻したので、一応柳生の里へ報告に。しかし、特別なセリフなし。奪われたときは怒ったのに。
容赦なく厳しか人ばい!


今回はここまで。
記事中にも書きましたが、今日はカセットの機嫌が悪かったのかエンカウント率がもの凄かったです。心が折れそうになりました。攻撃も的確にこちらが嫌がるようなことをしてきて本当に辛かった。今までやってきたゲームの中でも、エンカウント率の高さはトップクラスでしょう。


その10へ

[ 2008/01/17 04:52 ] ファミコン | TB(0) | CM(0)

2008年1月16日(じゅうべえくえすと・その8)  

※前回までのあらすじ

黄泉の洞窟で出雲の神々、宇宙に飛んでラムダ星人からコスモトロンとエイリアンドールの情報を得たじゅうべえ達の冒険の旅は、日本国内に収まらず大陸へ。
人々をアハン中毒にしようとしたラオチュー(偽)の企みは、キョンピーの尊い犠牲の元に阻まれたのだった。
じゅうべえ達は、コウモリ太夫を追って北へ。旅は続く・・・


・6章突入。まずはポキンの北東にあるソウレンへ。

・ソウレンで情報収集。再び「シーサンプータ」の名。「さんりのちょうじょう」と「せんりのちょうじょう」があるらしい。

・ソウレンの北には「さんりのちょうじょう」があって進めない。シーサンプータが鍵を握るようだ。

・ソウレンから西へ。穴があるので入る。中にはじゅうべえ達には読めない文字で壁に字が。
ゲンピーを呼んで解読してもらう。なぜかゲンピーを呼びに行くのもウルフ。

・ゲンピーに読んでもらうとシーサンプータ登場。お供えをよこせと言う。
ポキンに売っている「もやし」をあげると、交換で「トランポリン」をくれる。
・・・これで壁を跳び越せと?

・「さんりのちょうじょう」の一角(段差がある部分)へ行くと、トランポリンを使える場所が。トランポリンを使って壁の反対側へ。

・降りてすぐの場所に「モンゴレン」の町が。
情報収集。今城にいるのは「ツタンだいおう」という奴らしい。前にいた「ひでりぼう」というのは落ちぶれてどこかにいるらしい。砂漠は「ひでりぼう」がいないと進めないらしい。

・龍姫とウルフの特技を使って「あおいほん」入手。読むと、再び別の場所のストーリーが始まる。
これが始まった場合、こっちを先に解いておいた方が後々詰まらなくて済みそうなので、ここからはそちらについて書きます。


【ペンタサイド】

・主人公はペンギンの「ペンタ」

・ストーリーをまとめますと、
『オーロラ王国に青い玉が降ってきて、その影響でサーモ島のクーラーが壊れた。オーロラ王国の気温が上がって氷が溶け始めている。そんな中、オーロラ城のペンタ王子は親に結婚を許され、結婚相手の隣村・シロクマ村のクマコの元へ結納セットを届ける事に。しかし、シロクマ村への道は氷が溶けて消えてしまった。ペンタはシロクマ村への道を復活させるため、サーモ島にクーラーを直しに行くのだった』
という感じです。
ストーリーはコミカルですが、難易度は結構高いです。最初はペンタ1人で回復魔法もないため、スタート地点でレベルアップや金稼ぎの作業が必要になります。

・洞窟2つ抜けて「アザラシむら」へ。自分はこの時点でペンタのレベルは5でした。

・アザラシ村の「ラッキーちゃん」の家に何度も出入りするとラッキーが仲間に。

・ラッキーと北の洞窟へ。一番下に大きな岩のようなものが。ラッキーが最初から持っている「ぶっとびだま」を使うと、岩の下から岩男の「ガンちゃん」登場。記憶が無いようですが、仲間になってくれます。


今回はここまでです。
オニガランドに続き、またもや別世界の話になりました。
ファミコンのRPGですが、かなりのボリュームがあるゲームですね。


それでは予告通り、ちょっと不便に感じる点を。
・助っ人「かごちゃん」を使って町に送ってもらったとき、直接町に入れない
町のシンボルの上に降ろされるのですよ。そこから1歩進んで一旦シンボルの上から降りないとダメ。このゲームのエンカウント率ですと、その1歩が大惨事に繋がることもあります。

・キャラの「HP/MP」がAボタンを押してコマンドメニューを出したときに表示されない
現在のHP/MPの具合を見たいとき、いちいちメニューから「つよさ」を選ばないと見られない。しかも1人ずつしか。回復魔法を使うべきかどうかのときに、これはちょい面倒です。まあ回復魔法を使った後だったらまとめて表示されるのですけど。

・フィールドで超力を使うとき、攻撃系まで表示される
ドラクエに例えるなら、フィールドでもギラやヒャドが表示されるようなものです。自分は箱・説明書なしでこのゲームをやっているので、呪文の効果が全然分からないのです。全て推測です。ですので、余計なのまで表示されて困ってます。未だに解毒の超力が分かりません。

今のところはこんな感じです。
まあ古いゲームですから仕方ないのかもしれませんけどね。


その9へ

[ 2008/01/16 04:56 ] ファミコン | TB(0) | CM(0)

2008年1月15日(じゅうべえくえすと・その7)  

※前回までのあらすじ

ついにウルフ(シロ)と合流したじゅうべえ達。門司から下関、石見へと旅を進め、石見の男達行方不明事件の解決に向けて暗闇城へ挑む。


・暗闇城。やみのハンマーで壊した岩の下から出てきた階段を降りると、男達が捕まっているのを発見。さっき見つけた「コウモリのカギ」で扉を開けるも、男達はコウモリ太夫に誘惑されていておかしくなっている状態。

・先に進むとコウモリ太夫発見。なんと最初に柳生の里でじゅうべえから「しんげつ」を奪っていった女こそコウモリ太夫でした。今明かされる衝撃の事実!

・コウモリ太夫は逃げてしまい、妹の「ムササビだゆう(2人)」と対決。分身の術を使う強敵でしたが、何とか勝利。

・男達が正気に戻る。黄泉の洞窟へ続く通路の入り口を教えてくれる。こいつらが隠してやがった。

・黄泉の洞窟へ。中には出雲の神々が。ここではストーリーの根幹に関わる様々な情報が聞けますが、あえてここでは伏せておきます。
エイリアンドールはここにあったらしく、巨大な人型の窪みが地面にある。

・奥に行くと、UFOのような乗り物と、コールドスリープに使うようなカプセルが。1つだけ中身が入ってるカプセルを調べると、中からタコのような「タコリアン」登場。タコリアンの導かれるままUFOに乗っていきなり宇宙へ!
なに?この展開。

・連れてかれたのは謎の場所。奥にただ1人いた宇宙人のような人から「ラムダ星」と聞く。
ここでも重要な話が聞けますが伏せます。星には宝箱がありますが今は取れず。時が来れば開くらしい。

・地球に帰還後、タコリアンが助っ人に。これでいつでもラムダ星に行けます。

・動物温泉に行くと「みかづき」が助っ人に。能力は当然「動物と話せる」です。
動物の前で「みかづき」を呼ぶと、動物が何を喋っているか教えてくれます。
これで取れるアイテムもあるため、今一度過去に行った町巡り。
いくつかのアイテムを入手。
なお、「みかづき」を呼ぶと何故かウルフが呼びに行かされます。

・石見を一通り確認した後、下関北西の村(長門)へ。

・長門。なぜか人は1人もいないが、海で誰か溺れている。さばのすけを使って話すと、大陸から来た人だという。大陸のピンチを伝えるが、最後には溺れて死亡。
さばのすけは話を聞く前にまず助ければいいのに。
その後、バチが当たったのかさばのすけもサメに襲われ逃げ出す。

・長門の北にサメ登場。話すと「宇宙船に乗せて」と言う。拒否すると「ケチ」と言われる。
これじゃ話が進まないので承諾すると、サメがいっぱいでてきてサメの橋が出来る。渡って大陸へ。どれだけサメがいたんじゃ!
4章クリア

・5章開始。結局じゅうべえはサメを宇宙船に乗せてない模様。策士です。

・大陸へ渡ってすぐにある町・コンコンに着くも、住人の言葉が分からず。
それを表す住人の言葉「ホニョロロプー」

・町の北にある洞窟で、ゲンピーという人に出会う。電訳機をくれる。いい人だ。
奥にはウサギがいる。コスモトロンは奪われたと言う。代わりに「砂漠の城から東に10歩行ったところに何かある」という情報をくれる。

・再度コンコンへ行き、情報収集。特に情報なし。

・コンコンの東、ジャンパイへ。さらに情報収集。
ここまでの情報をまとめると、「昔はいい人だったラオチューという人が、ある日突然おかしくなってアハン(麻薬)を広めているという。この国の人の主食はもやしで、アハンはもやしから作られる。ラオチューはもやし販売ルートを使ってアハンを広めたいため、もやしルートを取り仕切るキョンピーという人が邪魔で殺そうとしているらしい。さっき電訳機をくれたゲンピーはキョンピーの息子」、となります。

・ジャンパイでキョンピーに出会う。ラオチューを止めるため助っ人に。
・・・なったと思ったら、ラオチューの配下が襲ってきてあっさりキョンピー死亡
それでも、助っ人欄には「キョンピー」の文字が。選ぶと「しんでいる」。
それにしても、門番がいたのに何してたのやら。ありがちな”主人公達が疑われる”もなし。職務怠慢です。

・キョンピーの屋敷を出ると息子のゲンピーがいて、こちらも助っ人に。
能力は、読めない言葉を読んでくれる。
さらに、重要アイテム「いちごだいふく」をくれる。ゲンピーから貰う重要アイテムは2つ目です。貢献度高いですよ。

・ジャンパイの北、ポキンの町へ。門番にイチゴ大福を渡すとあっさり中に。この門番もダメだ。
住民はすでにアハン中毒で店の使用は不可。
話しかけても「ラリラリ アハハン ヒョヒョ」「デヘヘ アハンもっと」
と危険なセリフを。

・ウルフじゃないと行けない場所で「シーサンプータ さんりのちょうじょうを こえし」という謎の言葉が。後で必要なのでしょう。

・住民で唯一お茶を勧めてくる人が。もちろんアハン入りですが、飲まないとストーリーが進まないので飲む。
すると捕まって牢屋の中へ。中には本物のラオチューが。今外にいるのは偽者と判明。

・ここで「すけっと」→「キョンピー」を選ぶと・・・
キョンピーがキョンシーになって復活!
道理で死んだのにいつまでも助っ人リストにいるはずです。
キョンピーがキョンシー・・・ダジャレか(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━┻

・キョンピーはキョンシーなので、ぴょんぴょん飛び跳ねて移動。
キョンピーが殺された事で「ラオチュー許さんアル!」と言っていた住民も、いざキョンピーを見ると「ヒャー」としか言わず。

・キョンピーを操作して捕まったじゅうべえ達を助けに。このとき敵は出ないので、ちょっと寄り道してフィールド探索。

・アハン中毒のポキンの住民も、キョンピーを見ると「ヒャー」と言う。

・キョンピーで偽ラオチューの元へ。すると驚いた偽ラオチューは階段から足を滑らせて落下→死亡。え?いいの?
「さびたカギ」入手。じゅうべえ達の救出に成功。

・キョンピーはじゅうべえ達に息子・ゲンピーの事を託して天へ。泣ける(T-T)

・ポキンの町も元通り。ラオチューの屋敷で4つ目のコスモトロン入手。

・ポキンを出たところで5章終了。あれ?ボス戦もなし?えらく短いです。

・6章突入。
なお、このゲームは章が変わっても町人のセリフが変わることはほとんどありません。楽でいいのですが、例えばこの5章で、既に偽ラオチューは倒されポキンに平和が戻っているにも関わらず、ジャンパイへ行くと「ラオチュー許さんアル!」から変わらず。これはどうかと・・・。しかも、さっきキョンシーになったキョンピーも見ただろうに。
5章の短さといい、何となく手抜きっぽくなってきた?( ´ノω`)コッソリ


今回はここまで。
予想以上に長くなってしまったので、書く予定だった不便な点はまた今度にします。すみませんm(__;)m


その8へ

[ 2008/01/15 05:06 ] ファミコン | TB(0) | CM(0)

2008年1月14日(じゅうべえくえすと・その6)  

※前回までのあらすじ

オニガランドの平和を取り戻したシロは世界のどこかでじゅうべえを待つ。
そのじゅうべえはサブとの悲しい別れの後に3つ目のコスモトロンを入手。敵の狙いを知るのだった・・・。


・屋久島の「すぎのこ大明神」と会った後、門司の北西にある大きな木のところに行き天狗に会う。天狗はじゅうべえ達を「オロ島」というところに飛ばす。

・オロ島にてシロと出会う。出会った時シロはなぜかじゅうべえの事を、最初にプレイヤーがつけた名前で呼ぶ。何か秘密がありそうです。
ちなみにココからは「シロ」ではなくて「ウルフ」となりますので、これからはウルフと書きます。

・ウルフも前に書いた通り、町で「ていさつ」を使うと単独行動できるので、例によって今まで行った町全てで偵察を試す。
結果は龍姫のときと同じ。「おおきに ウルフはん」と呼ばれる程度。ただ、オニガランドではウルフが話しても「しっしっ」だったのに、こちらではシロを一人前どころか人間扱いしてくれる。

・もう1つのウルフの能力が「スコープ」。これは何もないところに落ちているアイテムを捜索可能。ただし、場所の特定はできませんが。
ウルフが偵察に出ると、通常「さがす」(他のRPGでいうところの「しらべる」)が全てアイテム探索コマンドに。

・ウルフを連れて宿屋に泊まると、ウルフはしっかりと犬小屋へ。今まで何で宿の中に犬小屋があるのか不思議でしたが納得。

・その町巡りの最中に、昨日書いた通り火炎大王によって焼かれた薩摩に行ってみると、早くも復興されている。ただし、店のみでかなり小さく。おそらく後々完全復興するのだろう。

・門司に戻り、ウルフでしか行けない場所でウルフが地上に来るときに託された「おにのなみだ」を使う。門司から船が出るようになる。
なお、龍姫の「おいろけ」とウルフの「ていさつ」は、基本的には使わなくてOK。それっぽい指示があるときだけで十分(例:「女子としか話さん」「人間は進めない小さな穴」)

・門司から船に乗って「しものせき(下関)」へ。3章クリア。クリア時に出たコメント「ひとりめのしもべ ウルフをなかまに・・・」が気になる。1人目ということは、2人目もいるのでしょうか?

・下関到着。4章開始。
ここで試しに助っ人・源内の「アイテム変化」をやってみました。
・・・連続失敗_| ̄|○
イベントで必要じゃない限り2度とやらん(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━┻

・下関では特にイベントはないので、町を出て東にある石見へ。石見に着くと、男が全然いない。どうやらこの辺りのボス・コウモリだゆうが連れて行ってしまったらしい。

・石見の北にある「どうぶつおんせん」へ。ここにある湯にずっと浸かっていると、動物と話せる少女「みかづき」登場。「コウモリぶえ」を頂く。
湯にずっと浸かるなんて分からん(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━┻
動物温泉なんだからウルフ大活躍かと思ったのに意味なし。

・コウモリだゆうの居城・暗闇城へ。先ほど入手した「コウモリぶえ」を使って敵のコウモリを倒した後「やみのハンマー」入手。

・「やみのハンマー」で邪魔な岩を破壊して宝箱回収作業。途中「コウモリのかぎ」入手。
またもエナジードレイン(レベルダウン)の罠に引っ掛かる。宣言通り遠慮なくリセット


今回はここまでです。
この辺りの敵は非常に強く、最大HP250ぐらいのところに一撃50ほど与えてきます。それでかなり苦戦していたのですが、あるコツを掴んでからだいぶ楽になりました。
それは「まもり」を上手く使うことです。
前作と言っていいだろう『貝獣物語』でも守りは最重要でした。貝獣のように守ったらダメージが1になったりするわけではないですが、半減はできます。

ここで少しこのゲームの戦闘における説明が必要なのですが、このゲームは戦闘でターゲットを決めるときに矢印で選ぶのではなく、キャラそのものをターゲットの前に移動させるのです。といっても、あくまでコマンド戦闘式のRPGですよ。
そうすると敵は、目の前にキャラがいなければランダムで攻撃してきますが、目の前にキャラがいる場合はそいつを優先して攻撃してきます。

これを利用して、敵が一匹で出た場合は攻撃は「じゅうべえの2段斬り」のみにして後の2人は守り。大体はじゅうべえ1人で倒せますので基本はコレ。必要ならウルフも攻撃。龍姫は守り。

敵が複数の場合は倒したい敵は「じゅうべえの2段斬り」で、残りのキャラは攻撃を引き付けるためにバラバラに敵を選びます。そして守る。これでじゅうべえに攻撃が集中することなく、戦闘がグッと楽になります。一度お試しあれ。

思えば貝獣物語でも攻撃は火の勇者のみにして、残りは全部ガードさせてました。それでクリア、というかそれじゃないとかなり難しそう。

今回は戦闘のコツを書いてみましたが、次はちょっと不便に思ったことを書こうと思います。


その7へ

[ 2008/01/14 06:59 ] ファミコン | TB(0) | CM(2)

2008年1月13日(じゅうべえくえすと・その5)  

※前回のあらすじ

龍姫を仲間にしたじゅうべえは、新たな町・呉別府に到着。
一方シロは、オニタン・ひのとり・サルボスを仲間にして船を入手したのでした。

【シロサイド】

・今回はシロサイドから。船でオニガランド北西の島にある洞窟に行き、中でキンタロゾンビと戦闘。勝利後、「アースのつえ」を入手。

・次は北東の島に行き、そこにあるほこらの前でアースの杖を使って中へ。ほこらの中にはなんだかよく分からん物が8つ並んでいて、触ると音が鳴ります。「ドレミファソラシド」です。ここでチューリップの歌(ドレミ ドレミ ソミレドレミレ)と鳴らすと、モモタロゾンビがいる城がある島へワープ。

・城の最奥にてモモタロゾンビと対決。勝利後、キラーウルフという敵が登場。目的はホワイトウルフ(=シロ)の始末らしい。麻痺攻撃してくる強敵でしたが、何とか勝利。ちなみに、モモタロゾンビ→キラーウルフは連戦です。

・オニガランドに平和を取り戻したシロは、火の鳥に乗って地上へ。とある場所でじゅうべえを待つことになります。これにてシロサイドクリアです。


【じゅうべえサイド】

・龍姫に「おいろけ」という特技があることが発覚。使うと「ウッフン いってくるわん」と話して、町を龍姫1人で探索する事が可能になります。これじゃないと進めないところもあるのでしょう。試しに今まで行った町全てでやってみましたが、ほとんど変化なしでした。「じゅうべえはん おおきに」が「りゅうひめはん おおきに」に変わる程度。ちなみにこれは難波でのセリフですが、難波の解決に龍姫は全く関係ないのですが。

・呉別府の南に火山発見。今のところ何もなし。

・「さつま(薩摩)」に到着。火山灰による被害が甚大。「火消しのサブが大火傷を負い死にそう」という情報。治すための薬は「いじんのまち」にいる「げんない」が作れるということで、異人の町を目指す事に。

・じゅうべえがレベル11に。「2だんぎり」を取得。まあいわゆる2回攻撃です。非常に強力な剣法です。剣法はMPを消費しないので、これが主戦になります。まあこのゲームは「こうげき」を選んだあと、必ず「けんぽう」も選ばなければならないのですけどね。

・薩摩の南西に「はやと(隼人)」あり。ここから船で「りゅうきゅう(琉球)」に行けるらしいが、油がないので今は無理。

・そこから北に行き異人の町へ。油入手。ここで初めて龍姫の「おいろけ」が役に立ち、「げんない」を助っ人に&「やけどのくすり」入手。
げんないの能力は道具から別の道具を作り出す事。ただし、何でも出来るわけではない。

・すぐにサブの元へ向かう前に、異人の町周辺の探索。すると、北東に「もじ(門司)」発見。情報から、シロとの出会いも近そうな予感。

・門司の北西に大きな木がある場所を発見。人が1人いるだけで何もないが、シロが来た場所に似ている・・・。

・薩摩に戻り、薬を使ってサブを治療。サブが助っ人に。
サブの能力はズバリ「火消し」です。そのうち必要になるのでしょう。
ちなみに何にもないところでサブを呼ぶと「ひのないところに サブはこない」という文が。

・隼人で油を使って琉球へ。「きんのこうら」(すでに入手済み)と「ロバロバ」(道具所持数アップ)を交換。このゲームは1人が持てる道具の数が非常に少ないので、これは重宝します。

・琉球から「やくしま(屋久島)」へ。
隼人から琉球へは5マスぐらいなのに45両。琉球から屋久島へはかなり距離があるのに5両。納得いかん。
屋久島のマップは、伊予・呉別府・隼人と同じ。町マップの使いまわしです( ´ノω`)コッソリ

・屋久島には「すぎのこだいみょうじん」があるが今は何もできず。
琉球へ戻り、町中にある「せんねんどうくつ(千年洞窟)」へ。中に入るといきなり敵の兵士が見えているので戦闘。倒すと奥に人が。その人の情報から、火山には敵の城があり、「かえんだいおう」がバクダンの実験をしているとのこと。

・先に進んで宝箱のテレポートの罠に引っ掛かるキ━━ミ゚皿゚;彡━━ッ!
飛ばされた場所が火山で、千年洞窟と火山が繋がっていることを知る。

・琉球に戻り、再び千年洞窟から火山へ。中に「エナジードレイン」の罠が仕掛けてある宝箱発見。ジロキチが解除に失敗し、見事に引っ掛かる。

レベルダウン

強烈過ぎます。レベルと同時にやる気もダウン。本当に罠に意味がない。ジロキチが成長するとかならまだいいが、いつまでたっても成功率は変わらず(五割ぐらい?)
今回は耐えますが、次からは容赦なくリセットします。この罠は酷すぎます。

・最奥にて「かえんだいおう」とサブの妹・スズランを発見。スズランを助けるためにサブが死亡。

・逃げた「かえんだいおう」を追って薩摩へ。薩摩の町が焼け野原に。町のどこかに隠れている「かえんだいおう」を見つけ出して戦闘。勝利後、火山沈静。

・屋久島へ。「すぎのこだいみょうじん」で3つ目のコスモトロン入手。コスモトロンによって封じられている魔物の名は「エイリアンドール」だと告げられる。敵の狙いはこいつの復活。


今回はここまで。現在じゅうべえのレベルは12です。一度12から11に下げられましたからね・・・。
このゲームを操作しているとどうもカクカクしていると思っていたのですが、その謎が解明されました。普通のRPGではできない「その場で方向転換」が出来るからです。例えばドラクエの場合、止まってる状態から右を押せばすぐに右に動き出しますよね。
ところがこのゲームの場合、まず右を向いて、その後に動き出すのです。右をチョンと押せば、移動せずに右を向くことが可能です。ドラクエはこれができません。そのせいでカクカクしているように感じるのでしょう。

ドラクエといえば、この「じゅうべえくえすと」にはドラクエ(3)とそっくりな敵が多数登場します。あまりにも似ています。よく訴えられなかったなと思うほどです。タイトルもそうですが、ドラクエをかなり意識、というかオマージュしてるんでしょうね。それともパロディか?

ただ、エンカウント率は桁違いですけどね。前に「かなり高い」と書きましたが、これも訂正します。
異常に高い、です。


その6へ

[ 2008/01/13 07:40 ] ファミコン | TB(0) | CM(0)

2008年1月12日(じゅうべえくえすと・その4)  

※前回のあらすじ

乙姫と龍姫を救うため、じゅうべえは敵の城・シードラゴンを目指す
一方シロはオニガランドで鬼のオニタン、火の鳥のヒナを仲間にしてモモタロゾンビから火の鳥を救う旅に出ていた。


【じゅうべえサイド】

・再度シードラゴンへ。前回引っ掛かったテレポートの罠も解除成功し奥へ。

・シードラゴンの動力部へ。メカタツノコとタツノコつかいを倒して「さざえのかぎ」入手。ドラゴン教が酒を集めていたのは、シードラゴンの燃料としてでした。

・「さざえのかぎ」を使って乙姫のところへ行くも、主人公達に「なみだのしずく」を託して天に召される(原文まま)

・城主・うつぼうずのとこへ。「なみだのしずく」を使ってうつぼうずを弱体化し勝利。龍姫の救出に成功。
このゲームの章のボスはかなり強いです。強力な術の2回攻撃とか平気でやってきますから。回復のタイミングを間違えるとやられます。序盤はじゅうべえ1人なので特に。

・龍姫が仲間に。待望のパーティーキャラです。龍姫は典型的な術タイプ・・・だと思ってたのですが、意外と重装備も可能でした。加入時のレベルは1なので注意。

・亀に乗って竜宮を脱出。わざわざ町から遠いところに降ろしてくれる。

・安芸の町にて船乗りに龍姫が持っていた「りゅうのたま」を見せると「くれぺっぷ(呉別府?)の町」へ連れて行ってくれる。2章クリア。
キリがいいので、シロの方へ。


【シロサイド】

・イヌゾンビを倒して西へ行き、新たな町「ヒーメ」に到着。

・情報収集の結果、船頭の娘・オニコがサルにさらわれた事を知り助けに行くことに。
ちなみに、町ではシロだけで情報収集もできるのですが、大抵の奴には「しっしっ」と言われます。酷い。

・サル山へ。サル達はモモタロゾンビに襲われていた。頂上でサルボスと戦闘。勝利後、仲間に。
これにて、鬼のお供にイヌ・サル・キジ(火の鳥のヒナだけど)が完成。

・ヒーメに戻り、オニコ救出のお礼に船を入手。


今回はここまで。


その5へ

[ 2008/01/12 07:11 ] ファミコン | TB(0) | CM(3)

2008年1月11日(じゅうべえくえすと・その3)  

今日も今日とて『じゅうべえくえすと』攻略中。


※前回のあらすじ
難波の北にあるカラクリ城を攻略したじゅうべえは、次の目的地・伊予へ

【じゅうべえサイド】(昨日書いた「予言の玉」による主人公入れ替わりがあるため、しばらくはこの形で)

・伊予の町で情報収集。重要キーワード「ドラゴン教、酒、ツチノコ」

・伊予の町の西にある「ツチノコだいみょうじん」にて敵と戦闘。勝利し「酒樽」を入手。

・救出したツチノコから重要情報。「コスモトロンを9つ集めると恐ろしい魔物が蘇る」
だったらじゅうべえは集めない方がいいんじゃない?じゅうべえが1つ持っているだけで敵は集められないんだし、向こうから来るでしょうから。下手に集めて「はっはっは!お前を利用して集めさせてもらったぞ。ご苦労だったな!」とか敵のボスに言われて持ってかれるお馴染みのパターンは嫌だなあ。

・酒樽を持って伊予に帰ると、宴会後に地下通路を開いてくれる。
今日の名言「いよは ほんとによいところ あ ヨイヨイ」

・地下通路を抜けて土佐へ。ここでの重要キーワード「竜宮・乙姫・りゅうひめ(漢字不明。龍姫?)

・ジロキチを使って城の情報を入手。ここのボスの城は「シードラゴン」と言うらしい。

・「メカタツノコ」という敵が「タツノ○プロ」に見える。

・土佐の北東の小屋にて助っ人・さばのすけ加入。
そのときの言葉「半分半魚人」という言葉に引っ掛かる。半分半魚人ということは、四分の一魚人?

・さばのすけの能力。水中探索が可能。町中でもフィールドでも。ただし、移動距離に限界が。無理させると溺れて行方不明に。しばらく使用不能になり、その後戻ってきたが理由が不明。時間なのか、近くまで行ったからなのか。

・さばのすけ情報で、ここでは敵が人間を捕まえて半魚人に改造しているらしい。どんどんストーリーがエグくなる。

・さばのすけの小屋の南にある「りゅうのほこら」へ。さばのすけの能力を使い、竜宮への道を発見。竜宮へ。

・竜宮に着くと乙姫と龍姫はさらわれていたので、助けに敵の城・シードラゴンへ。

・シードラゴン内の宝箱でテレポートの罠に引っ掛かり城の外へ。頭に来てじゅうべえのプレイは止める。はっきりいって宝箱の罠は不要。意味が見出せない。手間と時間をかけさせてプレイヤーをいらだたせるだけ。


【シロサイド】

・昨日の犬の名前は「シロ」。しかも、種族見たら「おおかみ」と。オニガランドというところ(要するに鬼が島)で鬼に育てられていた。そのオニガランドに「モモタロゾンビ」という敵が攻めて来て「火の鳥」をさらっていったため、「火の鳥」を取り返すために鬼の「オニタン」と一緒に旅に。そう、桃太郎の逆バージョン。

・スタートの地・オニクス城。ドラクエの城にそっくり。ここにいるオニタンの親はタダで泊まらせてくれる。柳生の里のじゅうべえの育ての親たちとは大違い。

・初戦闘。曲も違っていて凝っている。しかしこちらがパーティーな分、敵も多く出て、初めての全滅を味わう。

・パーティーバトルにありがちな、選んだ敵が別のキャラの攻撃で既に倒されていた場合、自動で目標を変えることなく行動キャンセル扱いに。厳しい。

・オニクスの東、タブの町へ。ここは火の鳥がいた場所。火の鳥のヒナが仲間に。

・西に行こうとすると中ボス・イヌゾンビ登場。ヒナの力でバリアを破り勝利。

現在の進行状況。
じゅうべえ、レベル10。シロ、レベル5。
この2人?が出会うのはいつの日か・・・


その4へ

[ 2008/01/11 05:18 ] ファミコン | TB(0) | CM(0)

2008年1月10日(じゅうべえくえすと・その2)  

電池はまだ生きているようです。17年前のゲームなのに素晴らしい!
というわけで、プレイ2日目です。


・罠を外した宝箱の中身を取らなかった場合、ご丁寧に罠まで復活することが判明。キツイです。その後、その罠に2回かかりましたよ_| ̄|○

・そこの城(からくり城と言うらしい)でめちゃくちゃ迷う。地下牢で情報入手後、隠し階段発見。このゲームは隠し階段が多いようなので、難しいかもしれません。

・からくり城のボス・デビルクローン撃破。尾張入道の救出に成功。この城では人間をさらって魔物の兵士に改造していたとのこと。見た目に似合わず結構エグいストーリーです。

・平和を取り戻した難波に戻って情報収集。住民のほとんどが「おおきに じゅうべえはん」しか言わない。基本的に人が何人もいても、話すセリフは3パターンぐらいしかありません。重要な事を話すのは1人か2人。

・まだ町の探索が済んでいないのに、とある住民に話しかけたら強制的に船に乗せられ2章突入。せめて「乗る、乗らない」の選択ぐらいさせてほしかった。

・仕方ないので戻ろうとしたら、今度はしっかり金をとられた。もしや詐欺?
なお、このゲームはエンカウント率が高いせいもあって金に困ることは少なそうです。

・難波の町から歩いてカブトガニだいみょうじんへ。2つ目のコスモトロンが貰えると思ったのですが、すでに敵に奪われていました。代わりに「よげんのたま」入手。覗いてみると、おそらく将来的にパーティーキャラになるのだろう犬を操作することになりました。この辺の手法もまさに貝獣物語と同じ。

・操作キャラをじゅうべえに戻し安芸の町へ。かごやの「かごちゃん」(加○ちゃんではないはず)が2人目の助っ人に(金を払いましたが)。能力は、ドラクエでいうところのルーラです(MPの代わりに金がかかりますが)。
しかし、尾張とか難波とか安芸とか、この前プレイしていた鬼太郎2に続いて日本が舞台ですね。

・この町から先には進めない模様。どうやら先に進むには、難波から強制的に連れてかれた伊予でのイベントをこなさなければないようです。


というわけで、現在の状況はレベル8、伊予の町に行くところです。
昨日「エンカウント率は高め」と書きましたが訂正します。かなり高いです。


その3へ

[ 2008/01/10 05:24 ] ファミコン | TB(0) | CM(0)

2008年1月9日(じゅうべえくえすと・その1)  

あっちで購入したファミコンゲーム第2弾!
ということで、今日から『じゅうべえくえすと』の開始です。
タイトルから分かると思いますが、思いっきりドラクエタイプのRPGです。
しかし、自分は「クエスト(quest)」は”探索”とかそんなような意味だったと記憶していますので、ドラクエがドラゴンを探索するのは分かりますが、主人公が「じゅうべえ」のこのゲームがじゅうべえを探索するのはおかしいような?それとも、じゅうべえが探索という意味?だとすると今度はドラクエが「ドラゴンが探索する」になるからおかしくなる。

・・・細かい話はまあいいや。はじめに名前入力があるのに主人公の名前は「じゅうべえ」で固定なので、その辺に深い意味があるのかもしれませんし。

このゲームはナムコのゲームで、同じナムコが出したRPG『貝獣物語』の流れを汲んでいます。というよりも、ちょっとやった感じでは貝獣物語のキャラと設定を変えただけのようにすら感じてますが。戦闘で敵が弱ると絵が変わるのや、そのときの音なんてまさに貝獣物語。

ストーリーは章仕立てで、和風+SFのような世界設定です。何せ、主人公のじゅうべえは空から降ってきたカプセルの中に入っていたという話ですから。
エンカウント率は高めです。1歩で敵が出ることも珍しくありません。

予備知識はこの辺りにして、早速プレイ開始です!
ちなみに、かなり普通のRPGですので、鬼太郎2のときみたいには書けないと思います。
今回も説明書が無い裸状態で買ったので、勘に頼るプレイになります。


・電源を入れてゲームを始めると、このゲームはバックアップ式だということが分かる。パスワードを間違える心配はありませんが、電池切れが心配です。

・名前を入力してゲーム開始。柳生の里からスタート。まずは「尾張入道」という人を探す事に。いきなりかなり強い剣「しんかげ」を(育ての)父親から授けられるのですが、RPGでこういう展開の場合どうなるかは、ゲームに慣れている方なら分かるはず。嫌な予感しかしません。
他に、宝の地図もいただきました。

・とりあえず操作の確認。ステータス画面の出し方やコマンドを見ていると「ちょうりき」というコマンドを発見。マジで「調理器」だと思いました。だってナムコですし、料理とかあるのかと思って・・・。実際は「超力」と書き、いわゆる魔法です。

・「とくぎ」というコマンドもありまして、それを選んで最初から覚えている「じゅうべえぎり」を使ってみました。すると・・・

「じゅうべえは じゅうべえぎりをひろうしたので ひろうした」

という文が・・・。

カセットを叩き割るところでした

とくぎは戦闘時に使う技、というか、通常攻撃です。

・じゅうべえが母親だと思っていた人に話しかけるといきなり「あなたは私の本当の子供ではありません」とあっさりと言われます。これから旅に出るのにテンションがた落ちになるようなこと言わないで下さい!

・第1章開始。一通り里を探索。強い武器を持っているのに、武器防具屋があります。ますます怪しい。

・里の出口で通せんぼしているやつがいました。その右には女の子。どうやら襲われているようです。当然通せんぼしているやつと戦闘。武器が強いので一撃で勝利。
戦闘後、女の子が「武器を見せて?」と言います。

とうとう来たか・・・

とりあえず「いいえ」を選んだのですが、抗えるわけもなく予定通り剣を奪われます。そいつと女の子はグルだったのです。
こうして、わずか1戦闘で武器が無くなり、最弱装備となります。父親のところに戻ったら当然の如く怒られました。

・気を取り直して旅の開始。まずは町の周りをグルグル回ってレベル上げ。いかにも昔のRPGです。戦闘の曲はかなりカッコイイと思いました。
しかし、出てくる敵がどうにも強くて1戦闘ごとに宿屋に行くはめになります。主人公の故郷でも宿屋に泊まります。育ての親達は厳しいようです。

・それでもやっぱり苦しいので、さっき貰った宝の地図を見てみたら里のすぐ近くでしたので、行って調べたら100両入手。これで里で売っている最強装備になることができ、多少楽になりました。

・いよいよ里を離れ遠出。フィールドを歩いていると毒の沼っぽいところを発見。行くしかないので突っ込むと、毒の沼ではありませんでしたが主人公の顔の半分ぐらいまで埋まります。埋まりすぎです。

・次の町に到着。感じで書けば「尾張の町」でしょうが、全てひらがなで「おわりのまち」と出たので「終わりの町」かと思いました。

・町を探索して、入道の弟子が奉行に捕まったことが判明。助けるために奉行所へ。

・奉行所内には明らかに魔物っぽいキャラが徘徊していました。スルーも出来ますが、当然こちらから話しかけて戦闘に。こういうのは全滅させないと気が済みません。

・奥にいる奉行に話しかけると、向こうから勝手に正体をばらして戦闘に。勝利して牢屋の鍵を入手。弟子を助けることに成功。

・弟子(名はジロキチ)が仲間に。戦闘には加わりませんが、町やダンジョンで様子見させるとアイテムを拾ってきたり、宝箱に罠がある場合は外してくれたりします。特に様子見は、これをしないと進めないこともあります。
ちなみに、罠外しは失敗することもあります。失敗すれば当然罠を喰らいます(じゅうべえが)。それは別にいいのですが、失敗した場合宝箱が開かないのがキツイです。最悪、何度も同じ罠を喰らうことになります。

・平和を取り戻した町の情報から、次は難波を目指す事が判明。途中、「なまずだいみょうじん」というところで「おおなまず」と戦闘に。勝利すると「コスモトロン」というアイテムを入手。どうやらこれが物語の最大のキーアイテムとなるようです。

・なまずだいみょうじんを抜けて難波に到着。町の北には城があるが入れない。

・情報収集。越後屋というベタな名前の店が怪しいらしい。ジロキチを使って越後屋の奥に続く秘密通路を発見。そこの奥で、越後屋と城主は同一人物で魔物であることが判明。隠し階段から町の北にある城へ。

・城の中は意外とアクション要素が求められる。飛び出すトゲや開く床を自分の操作で避ける必要あり。ここにも見えている敵が。当然話しかけて経験値&金稼ぎ。


今回はここまでです。現在の状況は「レベル6、城を探索中」です。
セーブしてやめるときに、残りのコスモトロンの数を言われました。やっぱりこのアイテムが重要なのでしょう。


このアホみたいに長くて文字だらけのブログを読んでいただきありがとうございました。
電池に問題が無くキチンとセーブされていたら、また明日お会いしましょう。


その2へ

[ 2008/01/09 06:10 ] ファミコン | TB(1) | CM(4)

2008年1月8日(ゲゲゲの鬼太郎2・その8・最終回) 

※前回のあらすじ
謎の大陸に渡った鬼太郎たちは夢子を救出。九尾の狐を倒すために仙人の力が必要な事を知る。

・仙人を復活させるために、まずは天女に会いに行く事に。場所は既に分かっていたので、そこに行って夢子に貰った「ハスのはな」を見せて天女に面会。この天女こそ、オープニングで鬼太郎に妖怪退治を頼んだその人でした。そして仙人を復活してもらい、ついでに最強の武器「てんのおまもり」を入手。
くどいようですが、こんな事出来るなら最初からあなたが九尾を倒せ

・「天女に会えたし、次は仙人のいるところ(伊豆諸島あたり)だなあ。ここからだとああ行って・・・」と頭の中で行き方を考えていたのですが、天女との会話が終わると謎の大陸に飛ばされてる!ここから伊豆諸島はひどく遠い。
ここまで試練を与えるか、天女!

・仙人(井戸仙人)に会いに行くと、ふうじのひやくのために「なんたんのたね」をくれと言われる。実はすでに持っていたので、渡してあっさりと「ふうじのひやく」入手。
余談ですが、たしか原作の鬼太郎でも九尾の狐を倒すために井戸仙人の力を借りて、最後には九尾を反物にするはず。このゲーム、意外と原作を意識しているんですね。

・九尾を倒すために謎の大陸へ。さっきの天女ワープを利用してやったぜ!

・九尾の城の最奥にいるチー(九尾の狐)との会話。昨日書いた通り「ふうじのひやくをくれ」と言ってくるのですが、ここで自分の悪い癖が出ておもわず「はい」と・・・。結果、チー→九尾と倒しても不死身の雷雲変化になってしまい負け。

・やり直して、今度こそ真面目に戦おうと思い温存していた仲間を使おうとする。
使用不可!(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━┻
仕方なく自力で勝利。「ふうじのひやく」を使って封印。

・天女登場。九尾の亡骸を引き取るという。封印したのに亡骸?
それはそうと、あなた最後にいいとこ取り?いったいどこまで(以下略)

・エンディング。鬼太郎が謎の大陸を脱出。天女と思われる光が天に昇り、大陸が沈んでいく。鬼太郎も去り、辺りは昼から夜へ。海と星空の中に「終」の文字。
10秒ほどで終了
スタッフロールなどは無し。ゲームのテンポはゆっくりなのに、エンディングだけ恐ろしく速い。

・おまけ
このゲームでは宝箱や怪しい場所にいくとコマンドが出て、「しらべる」を選ぶと鬼太郎の妖怪アンテナで妖気を調べるのですが、一度も危険だったこと無し!
しかし、前に書いた九州のボスのパーツを探すところで、それらがいる場所の入り口でも「危険はない」と出るのですが、中に入るとしっかりと敵が出て戦闘に。
ダメじゃん!

<総括>
気の長い人向け
戦闘で得られる経験値の少なさは前に書いた通り。
エンカウント率は結構高く、そのくせメッセージ速度の変更やスキップもできないので時間がかかるかかる。オマケにこちらの攻撃は恐ろしいほど避けられて、まともな戦闘になりません。
ストーリーを進めるヒントも皆無に等しいので、とにかく根気と忍耐が求められます。精神修行にはいいかもしれません。

まあ絶対にいないとは思いますが、もしやりたくなった場合はかなりの覚悟を決めてください。
何か分からないことがあれば、自分の分かる範囲なら教えます。クリア直前のパスワードを教えてもいいです。


さて、次のゲームは何をやるか・・・。据え置き機ならファミコン、携帯機ならPSPでもやろうかな?
ひとまず「ゲゲゲの鬼太郎2 妖怪軍団の挑戦」の巻、終了です。

[ 2008/01/08 03:41 ] ファミコン | TB(0) | CM(2)

2008年1月7日(ゲゲゲの鬼太郎2・その7)  

1日開いてしまいましたが、風邪も完治したので元気に?プレイ再開です。


※前回のあらすじ
九州のボスも倒して日本にいるボスは全て撃破。次は4つの玉を集める事になりました。

・北海道に様子を見に行くと、ネコ娘と砂かけババアの活躍で妖怪を倒せたと言われ、4つの玉の1つ「黒玉」をくれる。ちなみに、戦闘中にネコ娘を呼ぶと攻撃してくれるが、砂かけを選んでも敵に砂をかけて攻撃力を下げてくれるだけで、ダメージを与えることはできません。よくこの二人で倒せたものだ。

・ネズミ男を仲間にしたときの情報から、中国地方のキツネの城で「白玉」を入手。これで4つの玉が揃いました。
なお、ボスがいた場所に行っても何もありません。ボスがいた場所の一歩前でAボタンを押すと入手できます。例によって目印は何もありません

・4つの玉を持って秋芳洞へ。行き止まりの池?で4つの玉を使うと道が出来て先へ進めます。

・洞窟を出ると謎の大陸(中国っぽい?)に到着。

・ちょっと進むと門があり、いきなり「スジャク」(朱雀?)と戦闘。軽く勝利して先へ。

・大陸を探索していると、次は「ビャッコ」と戦闘。勝利して「ひゃっきのカギ」入手。

・次は「ソウリュウ」(青龍?)と戦闘。勝利すると、いきなり誰だか分からん人が出てきて「きゅうびは不死身。仙人を復活させろ」と情報をくれる。

・当然最後は「げんぶ」との対決。戦闘前に「夢子はワシがあずかっている」と衝撃の発言。勝利すると夢子が登場し、ついに救出に成功。夢子は天女に会うための道具「ハスのはな」をくれる。

・洞窟を抜けてバリアを解除。(洞窟を照らす「つるべ火」が無くて苦労しました)

・倒せないのは分かってますが、試しにラスボスのところへ行ってみようと思い九尾の城へ。

・城内を歩いていると、いきなり変な音が。冷静に考えると、どうやら落とし穴に落ちた様子。
せめて穴ぐらい開いてくれ(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━┻

・壁際を歩けば落とし穴に落ちないことが分かり、慎重に進んでラスボスのところへ。

・ラスボス(名前はチー)に触れると「ふうじのひやくをくれ」と言うので、持ってないのにも関わらず「はい」を選ぶと戦闘へ。ここで初めて戦闘時の曲が違うものになりました。嫌でもラストの予感です。

・戦闘突入時に「生かして返すわけにはいかん!」とか恐ろしいことを言われましたが、話かけてみたら「おれもあらそいはこのまない。しっかりやれ」と言われました。
どっちやねん!

・チーに勝利すると、正体を現し「九尾の狐」が登場。かなりの強敵でしたが勝利。勝利後イベント画面へ。

・ここで「ふうじのひやく」を使えばエンディングなのですが、まだ持ってないので「しらべる」を選択。すると「とりかえしのつかないことをしてしまった」と出て、九尾の狐が「雷雲変化」に。こいつは不死身なので当然負け。

・負けて鬼太郎の家に戻されると、なぜか夢子が鬼太郎の家にいた!
どうやって来たのでしょう?


今回はここまでです。
次のプレイでは、まず天女に会って仙人を復活。仙人から九尾を封じる薬を貰い、九尾を倒してそれを使えばクリア。おそらく次こそクリアできるでしょう。


その8へ

[ 2008/01/07 05:47 ] ファミコン | TB(0) | CM(0)

2008年1月5日(ゲゲゲの鬼太郎2・その6) 

明けましておめでとうございます。お久しぶりです。
年末年始は風邪をひいたり泊りがけで遊んだりとバタバタしてゲームが全然できませんでした。
また今日から再開しますので、よろしくお願いします。
といいつつ、また明日は休んでしまいますが・・・。


・九州地方のボスは自分の顔のパーツをバラバラにしているので、まずはそれらを倒しにいかないといけません。というわけで、それらを探してとにかく色々探しましたが・・・ちっとも見つからない_| ̄|○

・本来進めないはずのバリアの近辺で戦闘。
戦闘終了後、バリアにはまる。リセットしてやり直し。

本来進めない(以下略)。
戦闘終了後、バリアをすり抜けてまだ進めない謎の大陸へ行けてしまう。わざとやられて鬼太郎の家へ戻る。

・レベル10にアップ。やはり最高レベルのようです。雑魚戦が無意味になりました。実際は敵を倒さないとアイテムが取れないので無意味ではないのですが、普段は逃げるの一手。

・海を探索中に怪しい場所を発見。調べると洞窟に突入。洞窟を抜けると怪しい城に。奥に進むと「ムチオカリナ」を入手。これで盗まれた鬼太郎の装備は全て取り戻した事になるそうです。とはいえ、前に貰った「地獄の炎」の方が強いのでオカリナは用無し。

・城の奥にはバックベアードがいて、玉手箱を持ってきたら赤玉をくれるとのこと。
ベアードの事なので、話半分に聞いておく。

・九州の西にある鬼が島のようなところで戦闘。勝利後、竜宮城の場所のヒントを聞く。

・そのヒントの通りの場所に行くが何もなし(ただの海)。
Aボタンを押すと突然竜宮城へ。分かるか!(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━┻

・竜宮城に泊まった後、立ち去ろうとするといきなりねずみ男登場。仲間になると同時に玉手箱入手。

・竜宮城に泊まったのに何もないのはおかしいと思い、よくステータスを見てみると・・・。
レベルが下がってる!
4回も泊まったのでレベル10が6に。当然リセット。
やり直し後、泊まらなくてもいいことが判明し上手く事を進める。

・ベアードのところに戻ると約束どおり赤玉をくれる(後で必要)。
鬼太郎の原作ですとバックベアードはラスボスみたいなものなので、協力してくれることに驚く。

・北海道への洞窟に戻ると、いかだで先に進めることが判明。
先に進むと北海道へ。とはいえ、フィールド画面はなし。イベント画面で家の中に行くだけ。
そこで「妖怪を2匹貸してくれ」と頼まれる。了承すると、ネコ娘と砂かけババアが抜ける。よりによって弱い方から二人でいいのか?まあこちらとしては助かるが。

・ようやく九州のボスの顔パーツがある場所を見つける(三ヶ所)。
全て撃破してボスの本体のところへ。軽く勝利。青玉入手。


今回はここまでです。どうやらクリアは近いようです。


その7へ

[ 2008/01/05 08:09 ] ファミコン | TB(0) | CM(4)
プロフィール

いさ虫SC

Author:いさ虫SC
雑食プレイヤー
ゲーム系ブログのリンク歓迎です♪

Twitter
FC2カウンター
ブログランキング
↓クリックで気力が回復します

FC2Blog Ranking

管理人のが、です
カレンダー
12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム